2017年10月16日

ミステリ読了 四人の署名

「四人の署名」(A.C.ドイル)を読了。Kindle版。

正典の長編2作目。ヤク中のホームズ、あっさり結婚するワトソンとか、そんな設定だったっけ?という驚きがけっこうあった。

最近BS11で犬のホームズのアニメを再放送しているけれど、四人の署名とか船の追いかけっこのシーンなど、うまく原作から取り込んでいることがわかって面白い。

ホームズといえば自他共に認めるシャーロッキアンの名探偵コナンくんだけど、コナンくんの定番である、「犯人はこの場にいる人たちの誰か」という謎解きスタイルは、1作目の緋色の研究にも本作にも登場しない。エラリィクイーンとかクリスティの方がむしろそういうパターンだった気がする。ホームズでも後々出てくるのかな。

ということで引き続き正典を紐解く日々が続きそう。


posted by ソウヘイ at 20:22| Comment(0) | 読書

2017年10月13日

日記その後(20年経過)

Windows95のノートパソコンを買って日記を付け始めたのが1997年9月24日なので,とうとう20年経った。ブログやSNSではなく,プライベートな日記のことである。

記録媒体はWindows95(後に98にアップグレード)のダイナブック→自作のWindows2000ミニタワーパソコン→モバイルノートPC(FIVA)と,この辺までは内蔵HDDで,その後USBメモリにデータを入れて持ち歩くようになった。ソフトは千年日記を使っていた。

その後Mac(PowerBookG4)への乗り換えを機に,いろいろと混乱もあったけれど,2011年頃からはクラウドのEvernote上に保存するようになった。現在は1日毎にEvernoteのノートを作成して,1ヶ月経ったらマージして1ヶ月毎のノートを作るようにしている。

とにかく十年オーダーで長期間更新し続けるデータというのはシステム開発をしている方にとっては悪夢みたいなもので,最初にお世話になった千年日記も,千年どころか12年ほどでアップデートが終わっている(最新版は2007年)。

Evernoteが日本でサービスを開始したのが2010年なので,あと数年は大丈夫だと思うけれど,さらに10年となるとちょっと心配。ここまでなんとかデータを変換したりして維持してこられたのもちょっとしたものだと思っている。この先10年,20年とさらに続けることができるだろうか。そして20年後にはどんなハードや記録媒体で日記を書いているだろう。

参考リンク:過去の日記についての記事
14年経過
12年経過
10年経過
タグ:日記
posted by ソウヘイ at 22:57| Comment(0) | 日記

2017年10月11日

VWポロその後(リヤゲートダンパー交換)

ポロ9Nは購入後もうすぐ8年,走行距離は8.6万キロ。かんなさんの普段使いと,人を乗せたり長距離用に活躍している。

人間の感覚というのは当てにならないもので,サンバーとポロを乗り比べると,ポロはどっしりしてハンドルも重いし安定感があるなぁ,なんて思ったけれど,ロードスターと乗り比べると,ポロはロールが大きいしハンドルは軽くてヒラヒラ走るような印象になる。

走行性能は今のところ劣化は見られないけれど,ドアのヒンジがキコキコ鳴ったり,リヤゲートダンパーがヘタってきたりと,良い感じにポンコツ感が出てきた。

リヤゲートは夏場は調子が良いんだけど,寒くなってくると動きが渋くなって,開けたつもりがゲートが上がりきってなくて頭をぶつけるということが何度かあったので,リヤゲートダンパーを交換することにした。

IMG_4761_w500.JPG

Amazonで部品を探したら,社外品が安く買えた。交換方法はネットで検索した感じでは簡単そう。具体的な方法は金属のストッパーをマイナスドライバーで外すか持ち上げればロックがはずれ,あとは引っ張れば外れる。片方のダンパーを外すとゲートが落ちてくるので,支えてもらいながら作業する必要がある。

IMG_4759_w500.JPG
IMG_4760_w500.JPG

取り付けは工具不要でパチっとはめるだけ。

みんカラでは社外品で勢い良くゲートが開きすぎて怖い,という経験談があったけれど,今回買ったものは特にそういうこともなく,普通に開く。ちょっとゆっくりすぎなくらい。

IMG_4762_w500.JPG

無線の移動運用は,ロードスターが狭くてかなり厳しいので,ポロをもっと使うようにするか悩んでいるところ。

タグ:ポロ
posted by ソウヘイ at 18:43| Comment(0) |

2017年10月09日

アマチュア無線(全市全郡コンテスト2017)

全市全郡コンテスト(規約)への参加は5回目。昨年は資格試験と重なってしまったため,2年ぶりの参加となった。

と言っても今回は個人参加ではなく,ローカルの無線クラブのコールサインで,マルチオペレータ運用のお手伝いをした。

IMG_4753_w500.JPG

アマチュア無線の地域クラブというのは各地にあるけれど,いずれも高齢化が進んでいるし,そもそも一般の基準からして今どき「アマチュア無線」なんていうマニアックなホビーを楽しんでいる人種はそれだけで変わり者なので,クラブに集まる人々もいろんな意味で変わり者揃い。そんなわけでクラブの運営や人間関係は正直難しい部分もあり,高齢化で人数が減っているという問題を抱えつつも,若者にはオススメしづらいという矛盾がある。

コンテストに関しても,学校のクラブ局などは「コンテストに勝つ」という目的で団結しやすいけれど,地域のクラブ局だと点を稼ぎたい人,集まっておしゃべりを楽しみたい人,ただお酒が飲めればいい人など,各人目的も違うし,全市全郡のように24時間のコンテストともなれば運用場所の選定から準備までかなりの労力となる。

それでもベテランOMさんの運用スキルを間近で見て勉強できるし,普段自分が使っているのとは異なる無線機やアンテナで運用するのも良い経験になる。

今回はクラブのOMさんのシャックとアンテナをお借りして,クラブ登録の無線機を持ち込んで移動局(50W)として参加。

私は1日目の夜は3.5MHz CWを少しやって,2日目は朝から7MHz CWと,空き時間に144/430MHzのCWをちょこちょこ。一番稼げたのは7MHzかな。かんなさんは7MHzのSSBで呼びまわりを少し。

IMG_4754_w500.JPG

いつも私とは桁違いのスコアをマークするベテランOMさんは,自分とは何が違うのかと見ていたけれど,電波のコンディションが悪いと交信できないのは一緒なんだけど,決定的に違うのは連続して交信し続ける持久力。私は30分も運用すると集中力が切れてしまうのに対して,OMさんは何時間でも同じペースで交信し続ける。CWの聞き取りにほとんど頭を使う必要がないくらい慣れているということなのかな。

高齢化の進むクラブに関してはいろいろと思うところもあるけれど,クラブに入ったことでCWをはじめとしたアマチュア無線の楽しさを知ることができたし,貴重な体験もいろいろとできたので,今後も微力ながらお手伝いしたいと思っている。本当は若いメンバーを増やせたら良いんだけど,最初に書いたように誘いづらいんだよなぁ,クセのあるメンバーが多くて...

【過去の全市全郡コンテストの様子】
2016年(不参加),2015年2014年2013年2012年
posted by ソウヘイ at 19:28| Comment(0) | アマチュア無線

2017年10月04日

ミステリ読了 緋色の研究

「緋色の研究(新訳版)」(A.C.ドイル)を読了。Kindle版。

そのうちそのうち、と思ってなかなか手が出なかったホームズの長編、いわゆる「正典」の1作目。

中学生くらいの頃に読んでいるはずだけど、流石にすっかり記憶から消えていて、楽しく読めた。半分くらいは犯人の過去の回想というのもちょっと意外だったけれど、新訳ということもあってとても読みやすかった。これは正典全部読むしかないかも。

posted by ソウヘイ at 21:47| Comment(0) | 読書