2013年07月28日

EOS6Dその後(3週間経過)

EOS6Dを購入して3週間経った。気になる点を少しずつ試しているところ。

【重さについて】
Kiss X2よりも200g重くなっている(680g)。部屋で猫を撮る分には気にならないが、カバンに入れて持ち歩くとなるとこの差がかなり効く。
元々カメラバッグも使わないし、レンズも一本だけ着けて持って出掛けることがほとんどなのだが、その最小限の荷物でも一眼レフは重い。
恒例のミラコスタ旅行には持って行きたいと考えているので、どの程度重さが許容できるか、近所の公園をカメラをカバン(ショルダーバッグ)に入れて歩いてみた。
EF40mm 2.8(130g)ならば、カバンも分厚くならずに済むし、重さもギリギリ許容範囲。それでも長時間は辛いかも。これが50mm 1.4(290g)になると途端にずっしりきてすぐに肩が痛くなる。
ということで肩に負担のかからない、ウエストポーチを買ってみた。これもカメラ用ではない。カメラ用というとクッションが入っていたり、交換レンズが入れられたりするがどうしてもかさばる。どうせレンズは1本勝負だし、クッションで保護するなんて気もない。ガンガン使ってなんぼの機械だと思っている。

EOS 6D

【動画について】
最近はプロも使っているというEOS Movie。デモを見ると確かに綺麗だが、コンデジと同じ感覚で猫の動画が撮れると思ったら大間違い。
大きいのがピントを自動で合わせ続ける機能がないこと。元々被写界深度が狭いので、動いているものを追いかけるとすぐにボケボケの動画になってしまう。
取説にも三脚にカメラを固定して、置きピンで撮れと書いてある。
いくつか猫を撮ってみたけれど、猫の躍動感のある動画をこのカメラで撮るのは無理だ。

コンデジ風に撮ってみた手持ち動画。すぐにピンボケになる。


三脚を使った場合。ビデオ用ではないので雲台がスムーズに動かずみっともないチルトになってしまっている。


【ファインダーについて】
元々メガネをかけていることもあって、ファインダーを見ながらマニュアルフォーカスでピントを合わせるのは苦手だった。特にKiss X2のファインダーはピントの山が掴みにくく、ライブビューを使わないとMFはほとんど不可能だった。
6Dでは多少ピントの山は掴みやすくなっているとは思うのだが、一発でピシっと合わせるのはやっぱり困難。マウントアダプターでオールドレンズを使う場合や、MFレンズを使う場合はライブビューが前提になると思う。スプリットイメージやマイクロプリズムの交換ファインダーがあったら良いのに(社外品ならあるようですね。気になるな...)

Kiss X2用に買ったEOS-M42マウントアダプタで,SuperTakumar 1:1.8/55を着けて撮った写真。ピントはライブビューで合わせた。
Pete
EOS 6D / SuperTakumar 1:1.8/55 (EOS-M42 Mount adapter)
タグ:カメラ eos6d
posted by ソウヘイ at 00:00| Comment(0) | 写真