2014年03月31日

SF本読了 司政官 全短編

「司政官 全短編」(眉村卓)を読了。Kindle版。

このシリーズの全部の短編を収録したとかで、ずいぶん長くて読むのに時間がかかってしまった。司政官シリーズの長編というのもあるのかな。そちらは未読。

初出は相当古い本なのでそこは割り引いて考えなくてはいけないけれど、全体的になんとなく違和感を感じるお話だった。人類が他の知的生命がいる惑星を片っ端から植民地化して「統治」することもそうだし、知的生命がことごとく人間に近い形態で、ファーストコンタクトの困難さがほとんどないところとか、ロボットの描き方など。

架空の物語世界が自分好みの場合には、それにどっぷり浸れて、シリーズの他の作品を読むのも素晴らしい体験になるけれど、このシリーズは自分としてはちょっとね、という感じ。

眉村氏といえばご夫婦の感動的なエピソードが有名。このエピソードの方が司政官の全短編よりもいろいろと考えさせられる。


posted by ソウヘイ at 20:00| Comment(0) | 読書

2014年03月01日

映画鑑賞 猫侍

猫侍の劇場版を鑑賞。公開初日の2回目の上映で,ファーストディ(映画の日)だったこともあって満席だった。

ドラマ版がとても良くて,何年ぶりかでテレビドラマを全話観た。そんなわけで劇場版も楽しみにしていたのだけれど,ローカルドラマの劇場版ということでマイナーなためか,上映館が近所になく,往復200km走って宇都宮まで観に行った。

劇場版も期待を裏切らない出来で良かったと思う。TVドラマ版とは異なるストーリィだが,背景などは共通していてパラレルワールド的な関係になっている。ドラマ版では明かされなかった謎の答えが示されたり,ドラマのファンにも楽しめるところが多かった。

何より玉之丞のかわいさを全面に出していて,「あぁ,これはわかってるな」という感じだった。

お絵描き

参考リンク:映画とドラマ「猫侍」公式サイト
posted by ソウヘイ at 20:52| Comment(0) | 映画