2014年10月28日

SF本読了 火星の人

「火星の人」(A.ウィアー)を読了。Kindle版。

翻訳SFはたいてい最初から文庫で出てくれるので、kindle版も安くて助かる。しかもたまたま25%引きセールのときにすかさずポチった。

火星でサバイバルというちょっと地味目なテーマかと思いきや、たいへん面白かった。今年読んだ新刊では一番じゃないかな。何より主人公のキャラが最高。

火星で無線機(アンテナアレイ)が失われてしまって、地球との交信に苦労する場面があるのだが、アマチュア無線をやっている視点から見ると、そもそも設備があっても火星との交信は大変難儀だというのがよくわかる。11光分ですよ。地球ー月ー地球通信(EME)というのをやっている人もいるけれど、火星は月よりも圧倒的に遠い。

普通は火星を周回する人工衛星を中継機として使うそうなのだが、だとしても何キロワットもの大出力無線機が使えるわけじゃないだろうし、ましてや火星地表と地球の直接交信なんて、いくら低速とはいってもよくできるものだと思う。地球側のアンテナは直径70mのパラボラだそうだ。

臨界周波数以上で電波を出すと、電離層に反射しないで宇宙まで電波は飛んでいるわけで、自分の発射したヘタなモールス信号がそのうち高感度アンテナを装備した宇宙人に受信されることがあるかもしれない…。


posted by ソウヘイ at 21:16| Comment(0) | 読書

2014年10月26日

アマチュア無線(Let's A1コンテスト2014)

A1 Club主催の縦振りキー限定のコンテスト(規約)。2回目の参加だが,昨年は当日にギター教室の発表会があって,終わってからモービルホイップで1局やっただけなので,実質的には初参加。

いつものようにCFW局の実家に7MHzのフルサイズダイポールを張らせてもらった。

キーはクラブのベテランOM局手作りの木製電鍵。材料費は約200円とのこと。それでも接点間隔の調節もできるし,打つときに台座を支えてやれば充分に実用的。
a1_2014_1 _w500.jpg
a1_2014_2 _w500.jpg

複数の電鍵を併用する場合は,100円ショップでも売っている,ヘッドフォン用の分岐プラグを使うと便利。
a1_2014_3 _w500.jpg

交信時の動画を撮ってみた。木製電鍵は当たりの柔らかい感じが出ている。

【手作り木製電鍵(JH1CFV/1)】


【市販のハイモンド HK-704(JH1CFW/1)】


縦振りキーで正確な符合を打つのは相当難しい。これはすなわち人によって符合に個性が出るということで,エレキー(パドル)やPCキーイングのコンテストにはない風情がある。

a1test.jpg
posted by ソウヘイ at 21:33| Comment(0) | アマチュア無線

2014年10月22日

SF本読了 夕ばえ作戦

「夕ばえ作戦」(光瀬龍)を読了。Kindle版。

光瀬龍作品は文庫は絶版が多くて、今まではあまり読めなかったけれど、Kindle版で安く復刊しているのでありがたい。

夕ばえ作戦はジュブナイルで、タイムマシンの出処とかタイムパラドックスは完全にシカトしていたり、現代(といっても40年前)の中学生が江戸時代の忍者よりも身体能力が高いとか、ツッコミどころはいろいろあるけれど、とても楽しく読めた。

自分だったら江戸時代に何を持って行ってこうしようとか、そんな妄想を楽しめるのはジュブナイルならでは。こういう話が好きなのは基本的に精神年齢が低いからなのかな,と思う。

ただ、基本的に中学生が江戸時代で忍者と殺し合いをする話なので、ヘヴィといえばヘヴィかも。


タグ:Kindle SF 光瀬龍
posted by ソウヘイ at 20:42| Comment(0) | 読書

2014年10月19日

ミステリ読了 スタイルズ荘の怪事件

「スタイルズ荘の怪事件」(A.クリスティ)を読了。Kindle版。

クリスティは2009年に図書館で借りて5作品ほど読んだことがあったけれど,それ以来かな。

当時読んだのはクリスティ晩年の作品ばかりだったけれど,スタイルズ荘はデビュー作でありポアロ初登場の作品。

エラリイ・クイーンと違ってタバコはそんなに出てこなかったように思う。言葉遣いも2003年の新訳版が底本なので違和感がなかった。

クイーンもクリスティもKindle版がたくさん出ているけれど,SFも読みたいしどうしようかな。


posted by ソウヘイ at 19:55| Comment(0) | 読書

2014年10月13日

SF本読了 きまぐれロボット

「きまぐれロボット」(星新一)を読了。Kindle版。

セールで安くなっていたのでつい購入。

星新一は中学生の頃にいくつか読んだと思うけれど,内容はあまり覚えていない。国語の教科書にも載っていたと思う。

また何かネタを思いついたら,自分でもショートショートを書きたい。


posted by ソウヘイ at 20:26| Comment(0) | 読書