2014年11月29日

SF本読了 たそがれに還る

「たそがれに還る」(光瀬龍)を読了。Kindle版。

Kindle版のおかげで最近立て続けに光瀬龍を読むことができた。
全体的に切ないというか未来が重いという終わり方で,こういうのはたまに読みたくなるんだけど,続くとちょっとしんどいかな。

次は明るいSFかミステリでも読もうかな。


タグ:Kindle 光瀬龍
posted by ソウヘイ at 20:32| Comment(0) | 読書

2014年11月22日

週末見た景色 ディズニーリゾートとホテルミラコスタ

恒例のミラコスタも11周年(通算13泊目)になる。昨年は思い切ってスイートに泊まったので,今年は普通にバケーションパッケージで。新しい試みとしては,2日目にランドのダイヤモンドホースシューのディナーを入れたこと。

ディズニーシーとミラコスタも開業から13年経ち,そろそろ大規模改修の時期なのだろうか。自分たちが行くのがハロウィンとクリスマスの切り替わり時期ということもあり,ミラコスタの外壁工事やパーク内も工事中のところが目立った。2015年の5月からは客室リニューアルも予定されている。来年はリニューアル後の部屋に泊まれるだろうか。

昨年はTDR30周年ということで混んでいたが,今年はさらに人が多かったように思う。景気が回復してきたということなのか。シーのアトラクションはシンドバッド(10分待ち)しか乗らなかったが,ランドの方はバズが80分待ち,ホーンテッドマンションが60分待ちなど。自分たちはバケーションパッケージのファストパスを使った。歳とともに体力が落ちていて,長時間待つのは辛いので。

カメラは昨年同様EOS6DとEF40mmSTM。これもかなり重い(約900g)のでコンデジだけにするか迷ったけれど,他の荷物を減らしてなんとか。パークではスマホで撮影する人が増えたが,良いデジカメを使っている人も増えた。フルサイズ一眼に重量級のレンズでショーを撮っている女性とか,すごい体力だなと思う。

filter.jpg

お遊びとして,出発前日に思いついて型抜きレンズフィルターを自作して持って行った。円形絞りや多角形絞りでボケの形が変わることからわかるように,ボケの形は絞りの形に依存する。そこで絞りを開放して,レンズの前に好きな形の絞りを置いてやることで,ボケの形を変えて遊ぶことができる。材料は厚紙(ハガキ)で,デザインナイフで形をくりぬいた。工作時間は3分ほど。

ヴェネチアサイド4350室
ミラコスタ廊下のツリー



あとはiOS8のタイムラプス機能もなかなか面白い。


工事中のミラコスタとパーク
工事中のパーク工事中のパークディズニーシーオチェーアノディズニーランド

Canon EOS 6D / EF40mm F2.8 STM

その他の写真(Flickr)

【参考記事】
2013年の様子
2012年の様子
2011年の様子
2010年の様子
2009年の様子
2008年の様子
2007年の様子
2006年の様子
2005年の様子
かんなさんのミラコスタウェディングページ
posted by ソウヘイ at 13:32| Comment(0) | 写真

2014年11月15日

SF本読了 凍りついた空 エウロパ2113

「凍りついた空 エウロパ2113」(J.カールソン)を読了。Kindle版。

今年は年末に火星の人,そして本作と良い翻訳SFが読めた。

ストレートなファーストコンタクトもので,22世紀初頭(今から100年後)という近未来のガジェット描写も魅力的。続編もあるそうなので期待して待ちたい。政治的なゴタゴタはもういいから,エウロパ人との交流と,その先のもうひとひねりを読んでみたいかな。

これは創元だけど,最近ハヤカワの翻訳SFの新刊ペース遅くないですかね。私はローダンは読んでいないので,新刊案内がローダンとディックの復刊だけだったりするとガッカリな感じ。


posted by ソウヘイ at 19:46| Comment(0) | 読書

2014年11月09日

アコースティックギター弾き語り(発表会12回目)

アコースティックギターの弾き語りを習い始めて5年半。半年ごとの内輪の発表会への参加も12回目となった。生徒さんたちの高齢化という事情もあり,半年ではインターバルが短すぎるということで,次回は1年後の予定。また出ることができるだろうか。

今回も教室に行ったのは1回だけで,あとは音源を先生に送ってアドバイスをもらったりして仕上げた。

発表会直前の練習では,マイクやアンプをつないで,マイクの前で歌う練習もした。アコギなので練習は生音でももちろん出来るけれど,発表会はマイクを使う。いざ本番というときに目の前にマイクがあると,コードを押さえる手元を見るときにマイクから口が離れてしまったり,マイクのせいで譜面が見辛くて間違えたりということがあるのをこれまでの経験で学んだので。

この練習はなかなか良かったようで,メインボーカルのかんなさんは今回は手も震えずバッチリだったと思う。できればマイクとスタンドをもう一本と,ミキサーを買って二人で練習できるように環境を整えたいところだけれど,置き場所もないし自前の機材でライブをするわけでもないので難しいところ。

12回発表会に出たということは,1回あたり最低2曲は練習しているので,レパートリーは24曲以上あるはず。なのだが,毎回発表会が終わるたびに綺麗に忘れてしまっている。最初の頃にやった曲とか,もっと完成度を高めて再チャレンジしたいと思うこともあるけれど,なかなかゆとりがない。

せっかくオカリナも作ったので,何かコラボ企画も考えたいところ。

録音は発表会の一週間前に野外で練習したときのもの。野外で演奏するのは気持ち良いけれど,周りに迷惑をかけず,車で道具を運べて,かつ人が少なくて恥ずかしくない場所を探すのが大変。今回の場所はなかなか良い条件だったが,動画を見てもらえればわかるように,風が強くてウィンドスクリーンを付けても風の音が入ってしまっている。

【雨の物語】


【参考記事】前回の発表会
posted by ソウヘイ at 20:44| Comment(0) | 音楽

2014年11月07日

SF本読了 寛永無明剣

「寛永無明剣」(光瀬龍)を読了。Kindle版。

こちらも200円でセールになっており,たいへんお得だった。

後半のドタバタがちょっと残念な感じだったけれど、面白かった。1969年にこんなSFが書けたのだからすごいと思う。

時間監視局シリーズは何冊かあるようだけど,整理されている資料が見当たらず。「TPぼん」なんかも好きなお話なので,時間をかけて少しずつ読んでいきたい。kindle化されているということはしばらく絶版とかはないと思うし。


タグ:Kindle SF 光瀬龍
posted by ソウヘイ at 23:47| Comment(0) | 読書