2015年09月16日

ミステリ読了 フォグ・ハイダ

「フォグ・ハイダ」(森博嗣)を読了。Kindle版。

シリーズ4作目。発売されてからしばらく経つけれど、もったいなくて大切に取っておいた感じ。

SFでも(いわゆる普通の)ミステリでもないけれど、楽しみなシリーズのひとつ。

SFにはSFでしか表現できない物語や感動があるのと同じように、時代小説でしか表現できないものもあるのだな、ということを知った。まあ現代と法律やモラルが異なる世界ということで、ファンタジーやそれこそSFならこんな話も書けるだろうけれど、それはまたちょっと違うような気もする。


posted by ソウヘイ at 21:44| Comment(0) | 読書