2015年11月22日

通勤用中古車選び(情報収集編)

6年乗っているポロ(走行7万km)は良い車で,まだまだ乗るつもりなのだが,安楽オートマ車なので運転する楽しさみたいなものはあまり感じない。

自動ブレーキ搭載の車が増えてきて,いよいよ自動運転車もSFの中だけの存在ではなくなりつつある。

さらに自分自身は歳とともに運動機能が低下するし,「操る楽しさ」を味わう贅沢が許される期間は実はそう長くはないかもしれない。

そんな思いもあり,通勤用のセカンドカーとしてマニュアルトランスミッション(MT)の軽自動車を探すことにした。電験三種も受かったことだし,自分へのご褒美でもある。

ところが,ネットで中古車情報を調べ始めてわかったのは,中古軽自動車がやたらと高いこと。登録車なら10万キロで10年落ちのクルマなんてよほどの人気車でなければ値段がつかないのに,軽自動車はけっこう良い値段が付いている。年式が新しくて3万キロくらいのクルマだと,どうかすると新車をちょっと値引きしました,くらいの強気プライスである。

どうも似たようなことを考える人が多いらしく,軽自動車はかなり人気で中古価格が高いのだそうだ。といってコンパクトカーになってしまうと維持費が上がってしまうので悩ましい。自動車税だけでも3万円違うし,年間の維持費の差額が5万円だったら,10年乗ったら50万円になってしまう。だったら車両価格が多少高くても軽自動車を選びたくなるのが人情だ。まあ,逆に言えば同程度の年式や走行距離で50万安ければ普通車を買っても良いわけだけど。

とにかく,これまでとは全然違う車選びになるので,条件を整理してみた。
【必須条件】
・軽自動車
・MT車
・予算総額(乗り出し)40万円

この条件を満たしつつ,プラスαで何か気にいるポイントがあるかどうか,という視点で選ぶことにする。予算が安いので,年式や走行距離にはある程度目を瞑る。できれば事故車(修復歴あり)は避けたい。

軽のMTという条件で2015年の時点ではすでに選択肢がかなり絞られる。
MTが設定されている車種をタイプ別に大雑把に分けると,
(1)アルト,ミラなど
(2)アトレー,エブリィなど
(3)ジムニー,パジェロミニ

こんな感じで,あとは(1)から(3)それぞれに乗用車と商用車の区別がある。人を乗せるときはポロを使えば良いので,商用車でも構わない。

年式・走行距離と価格のバランス的には,数が多く出回っている(1)のカテゴリが一番良さそう。ただ,プラスαの魅力という点ではなかなか難しい。走りが良さそうなモデルは予算オーバーか過走行または事故車。ミラジーノとか,オプティのかわいい系あたりが狙い目か。

(2)はいわゆる軽箱バンというジャンルで,各社似たような車種を出していて正直区別がつかない。荷室が広大で背が高いので,無線の移動運用や荷物を運ぶのには便利そう。

(3)は以前パジェロに乗っていた身としては多少気になるところ。ただジムニーはやたらと高いし,嫌気がさして手放した三菱車にまた乗るのか,という思いは正直ある。あとやっぱりこの手のクルマは街乗りだと宝の持ち腐れのように思う。

無線の移動運用が快適にできそうだ,という点で,(2)の軽箱バンを中心にネットで検索し,近所の中古車店に見に行ってみたのが11月15日。

minicab_1.jpg

[ミニキャブバンCLハイルーフ]
2007年(H19)式
車検 2017年7月
5.6万km
車両 39.8万円
総額 49万円

総額は予算オーバーだけど,近所ということで,その点のアドバンテージはある。
中を見せてもらったり,エンジンをかけてもらったりして,なかなか良い感じ。
椅子の下にエンジンがあるけれど,アイドリング状態で聞く限りは思ったほどうるさいわけでもない。
自社整備工場もあって,近所なので何かあったときの安心感はある。無線の電源の引き込みなんかも頼めそう。
ただまあ,これ一台見ただけではなんともわからないので,話を聞いただけで帰ってきた。

かんなさんと相談し,確かに近いのはメリットだけど,車として何かプラスαが欲しいね,という結論。

候補絞り込み編につづく。
タグ:中古車
posted by ソウヘイ at 16:56| Comment(0) |