2015年11月29日

通勤用中古車選び(候補絞り込み編)

情報収集編からのつづき。

ミニキャブバンの中古車を見に行って,綺麗で状態も良いし無難なんだけど面白みがなく,どうせセカンドカーなんだからもっと楽しそうなものを,ということで候補を挙げた上で絞り込んでいくことにする。

20年ぶりに中古車情報誌なんかも買って,さらに検索したところ以下の2台が気になった。

sambar_1t.jpg
[スバル サンバー660SDXクラシックハイルーフ]
1998年(H10)式
車検なし
6.5万km
車両 25.0万円
総額 38.0万円

まずサンバー。ぜんぜん知らなかったのだが,ダイハツのOEMになる前のスバル内製サンバーは「農道のポルシェ」と呼ばれるほどの軽箱バンの異端児らしい。確かにRRレイアウト,4輪独立懸架,キャブレター式(!)の4気筒エンジンなど,他の箱バンとは明確に異なっている。
しかもクラシックは元々ハウステンボス園内向けの特別仕様車で,レトロ調デザイン車ブームの火付け役となったということで,外観がとても魅力的。年式が17年落ちと相当に古いので人気の型ながら総額38万円と安い。

opti_1t.jpg
[ダイハツ オプティビークス]
2000年(H12)式
車検なし
7.6万km
車両 33.2万円
総額 45.0万円

一方のオプティビークスは,箱バンとは正反対のデザインだが,軽自動車では異例の4ドアハードトップ,しかも出回っている数が極端に少ない希少車ということで,走って楽しく見た目もかわいい。こちらもサンバーと同じくらい魅力的。ただし支払総額が予算を5万円ほどオーバーするのと,販売店が遠い(高速を使って1時間以上)。

まったく性格の異なる2台だが,どちらも楽しそう。

なお,かんなさんに気になる車を聞いたところ,ホンダのビートとのお答え。ビートは確かに楽しそうなのだけど,予算内の車は修復歴ありが多いのと,そうでなくても青空駐車なのでソフトトップのオープンカーの古い年式というのは現実的に考えてかなり厳しいものがある。

悩んだけれど,オプティは狭くて荷物運びやアマチュア無線の移動運用には結局ポロを使わざるを得ず,本当の通勤専用車になってしまいそう。ということで,第一候補をサンバークラシック,第二候補をオプティとして,販売店に実車を見に行くことにした。

実車確認,決断編につづく。
タグ:中古車
posted by ソウヘイ at 12:52| Comment(0) |