2015年12月31日

2015年総括

3.11の東日本大震災から4年9ヶ月。そろそろ余震は心配しなくても良いのかな。たまにゴゴゴっと地鳴りが聞こえて身構えることはあるけれど,ほとんど揺れないような感じ。原発事故の放射線は昨年からほとんど変化なし。常磐道は仙台まで開通したけれど,まだ走っていない。

当サイトの方はブログのネタを更新する程度で今年も大きな変化はなし。さくらのブログを使い始めてからは2年5ヶ月。トラブル等はなく順調。

アマチュア無線は年明け早々にセカンドシャック(かんなさんの実家)にFT-1021Xで200W固定局の免許が下りて,HFの国内コンテストに固定局として参加ができるようになった。ただし実家は電源が弱いのとラジオにインターフェアが出るため,パワーはせいぜい25Wくらいの運用。それでもFT-817のQRPと比べるとだいぶやりやすくなったかな。7MHzのCWでCQを出して呼ばれるという経験もできた。

キャンプ用のポールを使って自力で移動運用もできることがわかったし,セカンドカーのサンバーを使えるようにもなったので,今後は少し移動運用の機会を増やしていけたら良いと思っている。

1アマを取った流れから,ずっと気になっていた資格である第三種電気主任技術者(電験三種)の試験勉強を4月から8月にやって,なんとか一発で合格することができた(受験記 前編後編)。この調子でまた何か勉強したいという思いもあるけれど,受験記にも書いたようにとにかく会社に行きながら勉強するというのはかなり大変。なのでモチベーション次第かな。

denken3shu.jpg

アコースティックギター弾き語りは,今年は年1回の発表会にはなんとか参加できたけれど,全体としては低調だった。やはり時間は有限なので,何かを頑張ったら他の何かを犠牲にしなくてはいけない。ギターも,さらに低調なフルートの方も,練習は楽しいのでもう少し活動できると良いんだけど。

猫のピートは10歳デルタは8歳になった。ピートは特にカメラを構えるとスリスリと甘えてきて,写真が撮りづらくなってしまった。歳も歳なので,最近はできるだけ撫でたり構ったりするようにしている。アメブロの方も不定期更新にした。

電験三種と並んで今年の大きなトピックとしては,通勤用のセカンドカー,中古のスバルサンバーのクラシック(5MT)を買ったことが挙げられる。購入記もその1その2その3その4その5と大長編になり,自分でも非常に力の入った出来事であった。

通勤でほぼ毎日サンバーに乗っているけれど,MTの操作は難しく,日々もっと上手に,スムーズに走らせるためにはどうしたら良いかを考えながら走っている。朝の気温が一ケタ台になったら,セルを回して一発で始動はするものの,オートチョークのアイドルアップに移行する前に止まってしまうことがあって,再度セルで始動させると次は大丈夫,という感じの症状が見られる。

2〜3分ほど暖機してスタートするようにしているけれど,しばらくは2速に入りづらかったりして,古い車は生き物というか,対話しながら乗りこなす面があって,面倒なんだけれどそこがまた楽しい。なのでせっかく納車のときにサービスでCDデッキも付けてもらったのに,ほとんどラジオもCDも聞かずにエンジン音を聞いて走っている。

モービル無線機の取り付けについては近々記事にしたい。

sambar_meter.jpg

読書はKindle Paperwhiteが購入後3年経って,小説はすべてKindleで買っている。イーガン作品を中心に,すでに持っている文庫をKindle版で買い直している。

今年読んだ本は下記。読書の時間の多くを電験三種の勉強に振り向けたため,今年は少なめで再読も多かった。ベストは「ゲームウォーズ」かな。マイナーな作品だけどこれはツボに入る人にはとても楽しめると思う。

【SF】
巨人たちの星(J.P.ホーガン) Kindle版(再読)
みずは無間(六冬 和生) Kindle版
白熱光(G.イーガン) Kindle版
イリアム(上・下) (D.シモンズ) Kindle版
オリュンポス1(D.シモンズ) Kindle版
オリュンポス2(D.シモンズ) Kindle版
オリュンポス3(D.シモンズ) Kindle版
全滅領域 サザーン・リーチ1(J.ヴァンダミア) Kindle版
天冥の標<1> メニー・メニー・シープ(上・下)」(小川一水) 文庫版(再読)
天冥の標8 ジャイアント・アーク Part2 (小川一水) Kindle版
神への長い道(小松左京) Kindle版
ゼンデギ(G.イーガン) Kindle版
祈りの海(G.イーガン) Kindle版(再読)
ゲームウォーズ(上・下)(A.クライン) Kindle版
順列都市(G.イーガン) Kindle版(再読)
UFOはもう来ない(山本弘) Kindle版
彼女は一人で歩くのか?(森博嗣) kindle版
ディアスポラ(G.イーガン) Kindle版(再読)
臨機巧緻のディープ・ブルー(小川一水) Kindle版
ひとりっ子(G.イーガン) Kindle版(再読)

【ミステリ】
フォグ・ハイダ(森博嗣) Kindle版
ヴォイド・シェイパ(森博嗣) Kindle版(再読)
ブラッド・スクーパ(森博嗣) Kindle版(再読)
スカル・ブレーカ(森博嗣) kindle版(再読)
フォグ・ハイダ(森博嗣) Kindle版(再読)
サイタ×サイタ(森博嗣) Kindle版

【ご参考】
2014年総括
2013年総括
2012年総括
2011年総括
2010年総括
2009年総括
2008年総括
2007年総括
2006年総括
2005年総括

Pete and Delta
posted by ソウヘイ at 09:17| Comment(0) | パソコン・インターネット

2015年12月27日

Kindle Paperwhite 3Gその後(3年経過)

Kindle Paperwhite 3G(2012年モデル)を買って3年経った。

もっと電池がヘタって使い続けるのが厳しくなる頃かな,と予想していたけれど1年前からそれほど変わっていない感じ。週末に充電すれば一週間は持ってくれる(1日の使用時間は1時間ほど)。

この1年にKindleで読んだ小説は25作品。昨年よりかなり少ないのは4月から8月に資格試験の勉強のために読書の時間を削ったため。

置き場所の心配が要らないということで,割と気軽にマンガも買っている。といっても月に1冊くらいのペース。緻密な描き込みのあるマンガだと白黒Kindleの画面では再現が厳しい感じ。最近の機種だともっと良くなっているのかな。

イーガン作品がKindle化され始めたのはとてもうれしい。まだ全作品が読めるわけではないけれど,ディアスポラや順列都市をいつも持ち歩けるというのはやはり素晴らしい。今後も電書化に期待したい。


タグ:Kindle
posted by ソウヘイ at 16:52| Comment(0) | 読書

2015年12月26日

MacBookProその後(5年経過)

MacBookPro15インチ(Mid2010; MC371J/A)を買って5年経った。OSはEl Capitan(OSX10.11)が出てすぐにアップデートした。

内臓HDDを1TBに換装してから2年経つが,空容量はまだまだ余裕。

メインマシンの更新は5年周期を目安にしてきたので,本来なら買い替え時期となる。ただHDDを交換してあること,今年はセカンドカー(高いMacと同じくらいの値段)を買ってしまったことなどもあって,更新は先送りとしたい。1TBクラスのSSDを買って換装すればさらに快適になると思うけれど,1年前からそれほど劇的に価格が下がっていない(4万円くらい )ので,もう少し待ちか。

たまにカフェなどに持ち出して書き物(ブログの原稿とか)をすることがあって,5年経っているのにまだまだバッテリーがヘタっておらずそれは本当に感心している。この記事もスタバでiPhone5のテザリング環境で書いているけれど,1.5時間使ってバッテリー残がまだ2時間。本当にタフ。一昔前の感覚だと5年も使ったノートパソコンなんてほぼゴミだったのに,それだけパソコンの世界も成熟してきたということなのかな。

ただ,もし次に買い換えるなら13インチモデルかなぁ。さすがに持ち歩きに15インチはでかすぎるし,最近は13インチでもRetinaディスプレイで解像度はこの15インチよりも高いので。

仮想環境のWindows8.1は,Win10をインストールしろとしつこくメッセージを出してくる。5年前のハードでしかも仮想環境で最新のWindowsが果たして実用的に動くのかどうか...。

【2015.12.27追記】
仮想環境のWin8.1をWindows10にアップデート。無事に起動して,ハムログやプリンタも問題なく使えることを確認した。VirtualBoxは5.0.10を使用。

IMG_0566 _w500.JPG


タグ:MacBookPro
posted by ソウヘイ at 16:07| Comment(0) | パソコン・インターネット

2015年12月22日

サンバーバン クラシックその後(納車後一週間)

17年落ちのサンバーバンクラシックKV3(5MT)が納車されて一週間経った。

200kmほど走って満タン法による燃費は12.4km/L。古い車だし,通勤メインの使い方ではこんなものだろうか。

sambar_engine_01.jpg

【良かった点】
やはり運転が楽しい。超ローギヤードなので制限速度40キロの市道でも何度もシフトチェンジが必要で、「運転してる感」満点。

タコメーターがないので、シフトチェンジのタイミングはエンジンの「頑張ってる感」で判断。
各ギヤの分担は平地の場合はだいたい、
1速:0〜5km/h
2速:0〜20km/h
3速:10〜40km/h
4速:20〜60km/h
5速:40km/h〜

みたいな感じだろうか。取説がないので本当はどうかわからないけれど、自分ではこんな速度域を意識している。高速に乗ったことがないので、このローギヤードでどこまで最高速が伸びるのかは不明。

sambar_rear.jpg

一般道で青信号発進から前の車に遅れないように流れに乗るだけでも、相当引っ張って加速する必要があって、EN07型水冷4気筒SOHCエンジンのサウンドだけを聞いていたらいったいどれだけスピード出してんだよ、と思うけど実際は制限速度にすら届いていない。

まだ納車整備してもらったばかりだからかもしれないけれど、機関は好調で、始動も一発。車内空間が広大なので暖房の効きが悪いんじゃないかと心配したけれど、意外と暖かい。

あとはフロントの見切りが良くて窓も広いので、死角が少なく運転はしやすい。

sambar_front.jpg

【気になる点】
納車時にも書いたけれど、段差でガタン、ドシンと揺さぶられるのと、積んでいるものがガチャガチャとうるさいのが一番気になるかな。

水平に近いトラックみたいなハンドルもちょっと気になるかも。パワステで軽すぎるくらい軽いしセンターの安定感がない。

窓が大きくて色も付いていないので、車内が丸見え。これはいずれカーテンとかの目隠しを考えたい。

いろいろなところが手動、アナログなのは「味」として良いと思っているけれど、集中ドアロックと間欠ワイパーくらいはあると便利だったかも。

sambar_engine_02.jpg
タグ:サンバー
posted by ソウヘイ at 22:24| Comment(0) |

2015年12月20日

VWポロその後(6年経過)

試乗車落ちのポロ(9NBUD)を買って6年経った。走行距離は7.1万キロ。今まで買った車で自分で乗った距離としては最長を更新したと思う。9Nの前期モデル(丸目4灯)はまだたまに見かけるけど,さすがに6Nは見かける機会がめっきり減った。

polo9n_201512_01.jpg

この1年でトラブルとしては、バッテリーがダメになったくらい。VWのメーカーの方は例の排ガス不正の件でだいぶ世間を騒がせた。日本で売っている車は不正の対象ではなかったようだけど,それでもお詫びのメールやお手紙,無料点検のお知らせなどが来て,三菱とは違うな,と感じた次第。

まだまだ乗るつもりだけど,通勤用のセカンドカー,中古のサンバークラシックを買ったので,今後はかんなさんの日常使いと帰省などの長距離がメインとなると思う。走行距離は伸びなくなるだろう。

サンバーと乗り比べてみると,改めてポロの良さがよくわかる。どっしりと安定感・剛性感があって,まっすぐ走る,曲がる,止まる,というそれぞれの動作が安心してできる。遅い遅いと思っていたけれど,サンバーに比べたら馬力は2倍もあるので必要十分。

ヘッドライトが少し黄ばんできていて,これが進行するととても古臭い車に見えてしまうので,どこかのタイミングでクリーニングをお願いしたいと思っている。

サンバーでMTにも慣れて,かんなさん(現在はAT限定)にも限定解除してもらったら,次の買い替えではメイン車もMTにしたいと目論んでいる。

現行の6Rポロも来年あたりにはフルモデルチェンジだろうか。DSGもだいぶ熟成されてきて悪くはないんだろうけど,MTがラインナップに無い(GTIとかはどうせ乗れないし)となると国産のスバルかマツダ,輸入車ならフィアットとかアルファあたりなのかなぁ。そもそもポロがダメになる頃にはMTがいよいよ滅びているかもしれないけれど...。

今年も自分でスタッドレスタイヤに交換。準備から空気圧調整,片付けまで1時間ほど。音のうるさくない足踏み式の空気入れを使ったのでこれが一番疲れるかも。

polo9n_201512_02.jpg
polo9n_201512_03.jpg
polo9n_201512_04.jpg

【過去記事】
購入後5年
購入後4年
購入後3年
購入後2年
購入後1年
納車
・購入レポート(前編後編)
タグ:ポロ
posted by ソウヘイ at 18:58| Comment(0) |