2016年03月20日

サンバーバン クラシック(バッテリーターミナル交換)

3ヶ月の記事にも書いたように,バッテリー系統の整備が課題となっていた。

無線機も付けたので、できれば少し容量の大きなバッテリーに変えたいのと、バッテリーターミナルやアースの配線、端子なども少し見直したい。新しい車ではアーシングは意味が薄いだろうけど、古い車は端子が錆びていたりするので。


というわけで,ホームセンターでターミナルと純正交換用のアースケーブルを買ってきた。

サンバー(V-KV3)のバッテリーは40B19Lというタイプなので,それに合うものをチョイス。

端子部分を確認すると,プラス側はやや特殊な形になっており,失敗すると困るので今回は放置。まあ直ちに腐食で断線しそう,というほどではなかったので。今回バッテリーの外し方など,手順はわかったので長期的な課題としたい。

batt_tarminal_1.jpg

batt_tarminal_2.jpg

マイナス側のターミナルとアースケーブルを交換するには,いったんバッテリーを外す必要がある。ターミナルをマイナス,プラスの順番で外し(逆だと危険),固定用の金具を緩めて,バッテリーを引き上げる。今回のバッテリー(日立化成のTuflong SUPER 40B19L)だと,紐を引っ掛けられる切り欠きが両サイドにあるので,それを利用したらスムーズに取り出せた。

batt_tarminal_3.jpg

元々のアースケーブルも,外して見てみたらバッテリー側のターミナルが腐食しているものの,ケーブル自体とボディ側の端子は問題になりそうな腐食はなかったかな。ボディとの接触点も錆びていなかった。一応接触点は金ブラシで磨いておいた。

batt_tarminal_4.jpg

買ってきたケーブルを純正と同じ長さに切って,ターミナルを接続。

batt_tarminal_5.jpg

バッテリーを元に戻して,プラス,マイナスの順でターミナルをつないで完成。

batt_tarminal_6.jpg

このサンバーはECUなどは元々ないので,バッテリーを外してリセットされたのはCDレシーバの時計くらい。

サンバーはとにかくいろいろとアナログで,整備を勉強するには最適の素材かと思う。この調子でそのうちプラグコードなども交換してみたい。

【おまけ】

作業中,かんなさんは荷室でお昼寝。普通に足を伸ばして寝られるのはサンバーの偉いところだと思う。ジョイントクッションを敷いているけれど,これだと背中はちょっと痛くなるとのこと。本格的に寝る場合はもう少し厚手のものを敷く必要があるだろう。




タグ:サンバー
posted by ソウヘイ at 19:08| Comment(0) |