2016年04月23日

映画鑑賞 名探偵コナン 純黒の悪夢

恒例のコナンくん映画は20作目。

公開日がかんなさんの資格試験の前日だったため,それが終わってから,公開6日後の金曜日18時の回を鑑賞。大きめのスクリーンだったけれど,お客さんは30名ほど。

黒の組織との対決話で面白かったのだが,それより何より(宇宙世紀の頃の)ガンダム世代としては公安とFBIの例の二人,いや今回はカミーじゃなくて公安のもう一人のやりとりが楽しくて仕方がなかった。

登場人物の名前とキャストの配役から,青山さんは完全にわざとやっているので素晴らしい。

最近のアクションメインの内容はまあ映画としては迫力があって良いんだろうけれど,たまにはコナン王道の「眠りの小五郎」パターンでビシっと決めて欲しい,というのは何度か書いたような気がする。小学生の体で大っぴらに推理するわけにはいかないし,身体能力も限られる,という制約から生まれるストーリーが面白かったわけだし。

黒の組織については2009年に書いたように,ジンの日常生活が相変わらず気になっている。

入場者特典の,過去の劇場版をどれでも1本ネットで見られるというのは面白い試みだと思った。

21作目は服部くんの声で予告があったので,また楽しみにしたい。

参考リンク:劇場版名探偵コナン公式サイト
posted by ソウヘイ at 20:31| Comment(0) | 映画