2016年04月28日

SF本読了 ラグランジュ・ミッション

「ラグランジュ・ミッション」(J.L.キャンビアス)を読了。Kindle版。

この人の本は初読。結構面白かったし,宇宙海賊という悪人が主人公(の一人)という設定で,どこに着地するのかやや不安ではあったけれど,うまくまとめてくれたと思う。

近未来が舞台なので,どんでん返しというか「この場面はどう切り抜けるつもりだろう」という場面でちょこちょこと「少し未来の,でも現代の延長として想像できる技術」が使われている。

我々からすればそれは「ほぉ,そういう切り抜け方ができるのか」と一瞬納得してしまうんだけど,よく考えたら劇中のキャラクターにとってそれらは「当たり前の技術」なわけで,当然それを想定した対処をするんじゃないかなぁ。と,読後に思った。

posted by ソウヘイ at 06:48| Comment(0) | 読書