2016年05月30日

アマチュア無線(CQ WPX CWコンテスト2016)

CQ WPX CWコンテスト(規約)への参加は4回目。初参加の2013年には賞状をいただいている。どんなコンテスト・部門でも1位をいただいたのは今のところこのときだけ。

今回も土日とも用事があり,土曜日の夕方からと,日曜日の早朝とお昼前だけ参加。

設備はFT-100Dとベランダに仮設した21MHzのモービルホイップ。パワーは90Wで,SWRはリグのメーターで2から3コマ。ATUは持っていない。

どうせ局数は稼げないので,目標としては20局またはDXCCのnewをひとつでもゲットするという感じ。

しかしEUとの交信を期待した土曜日の夕方はさっぱり開けず。カスカスのポーランドとチェコだけ。チェコは未cfmなので期待したいけどどうかな。あとでローカルのOMさんに聞いたら,EUは夜中に開けていたそうで,残念。夜は寝てしまうのでなかなかできない。土曜日は7局で終了。

日曜日の早朝もCondxがイマイチで,北米があまり聞こえず。数少ない聞こえる局を呼んでいく。だいたいの局はこちらにそれなりの強さで聞こえていればだいたい取ってもらえるんだけど,中国,インドネシアあたりは毎回厳しくて,聞こえていても取ってもらえないパターン。日曜日の昼までに13局追加して,なんとか20局は達成。newのエンティティはなかった。

ベランダ仮設のアンテナだと気軽に周波数は変えられない(いちいち調整が面倒)し,短縮率の関係からローバンドよりはハイバンドの方がマシだと思って21MHzにしているんだけど,Condxが悪いと少しやり方を考えないといけないのかもしれない。

wpxcw2016.jpg




【過去のCQ WPX CWコンテスト】
2015年2014年2013年
posted by ソウヘイ at 19:44| Comment(0) | アマチュア無線

2016年05月23日

SF本再読 白熱光

「白熱光」(G.イーガン)を再読。Kindle版。

偶数章の実験関係の難解さは相変わらずだけど、訳者の解説などを踏まえた上で再読すると、初読のときよりもだいぶ「伝わる」感じがある。

特に「4つの典型的な勘違い」に注意することで、壮大な時空間スケールの偶数章と奇数章の関係が見えてくる。

イーガンといえばTAPが文庫化されるらしいのだけど、電書化はまだだろうか。

posted by ソウヘイ at 21:25| Comment(0) | 読書

2016年05月21日

サンバーバン クラシック(半年経過)

通勤(と無線)用の中古車、サンバーバン クラシックを買って半年になる。走行距離は6.7万キロ。

温まるまでの吹けの悪さは多少あるけれど、真冬の頃のエンジンのかかり辛さや息つきがウソのように調子が良い。エンジンというのはこんなに気温や湿度の影響を受けるのか、と驚くばかり。

冷暖房をほとんど使わない時期だからか、燃費も良くて14km/L前後は走っている。カタログの10.15モードが14.8km/Lなので、渋滞もある街乗りでこの数字は古い車としては立派ではないだろうか。

MTの運転にもだいぶ慣れてはきたけれど、スムーズさはまだまだ。もう少し力のあるエンジンでハイギヤードだったらもっと乗りやすいのかも。とにかくシフトチェンジが忙しい。

これから暑くなるので、冷房の効きがやや心配。

ゴールデンウィークは、気軽にHFに出るために移動運用の練習をしていた。普段はモービル機で144、430のFMに出られる構成としているけれど、リグをFT-817に繋ぎかえて、アンテナもHFのモービルホイップに付け替える。ボディアースのためにマグネットアースシートも付ける。

これでHFに出る準備ができて、コンディション次第ではあるけれど、7MHzや18MHzのCWでそこそこ交信が楽しめた。




課題としては、車内の同軸の引き回しの都合上、V/Uのケーブルをそのまま使おうとすると、リグの置き場所的にイマイチなことと、車のバッテリーやリグの内蔵電池の心配をしなくても良いように、やはりポータブルバッテリーは欲しいと感じた。




同軸ケーブルは切り替え機を使ってFM機と分岐させて引き回すか、基台をもうひとつ付けてHF専用のケーブルを引き込む手が考えられる。いずれにしてもお金がかかる。

ポータブルバッテリーは6m&Downコンテストまでには買いたいと思っているので、環境が整ったらまたレポートしたい。
posted by ソウヘイ at 19:25| Comment(0) |

2016年05月20日

アマチュア無線(VX-3を購入)

かんなさんが危険物取扱者の乙種第4類の試験に合格したお祝いに,ハンディ無線機のVX-3を購入した。かんなさんは超難関の一陸技にも合格しているので,本当は100万円くらいの無線機を合格祝いで買ってもバチは当たらないと思うんだけど...。




アマチュア無線の免許を取ってから購入するハンディ機としては2台目になる。1台目のVX-7は何がなんだかわからない状態で、ネットの評判と出られるバンドの多さ(一応6mAMにも出られる)から選んだ。

かんなさんは自分が普段持ち歩くことを考えて、コンパクトさと、CWのトレーニング機能を重視してVX-3とした。

思い出してみれば、二人で3アマを取ったときは、こんな感じのハンディ機を2台買って、携帯が使えない時の連絡手段として活用する程度なのかと思っていた。それが今ではCWでDX交信までするようになってしまったのだから人生わからないものだ。

VX-3はかんなさん専用なので使い勝手は本人にレポートしてもらいたいと思っている。少し触らせてもらった感じでは、多機能な割にボタンが少なくて、マニュアルを見ないと操作ができない感じだった。VX-7の方がテンキーがあるし、まだわかりやすい印象。

技適機種なので、電子申請Liteでサクっと増設申請をした。

vx3.jpg


タグ:VX-3
posted by ソウヘイ at 21:47| Comment(0) | アマチュア無線

2016年05月15日

猫のデルタ9歳

ノラ猫出身のデルタは9歳になった。

人見知りせず誰にでも撫でてもらいたいデルタは我が家の接客担当である。

Delta

ピート同様、デルタも1年間病気などはしなかった。デルタの場合はピートと違って、病院に連れていっても怖がって固まる程度なので、何かあれば病院に連れて行こうと思っている。

Delta

ピートと違って、食べ物には執着せず、お腹が減ったとアピールすることもない。でもいつの間にか音もなくカリカリを食べ尽くしていて(どうやら丸呑みしているらしい)、その結果こんな体型である。

Delta

とにかく三度の飯より撫でられるのが大好きで、寝ているとき以外は常に甘えてくる。昼間さんざんかんなさんに甘えていても、夜になると私に「今日は誰にも撫でてもらってませんにゃー!」と、強力な目ヂカラで訴えてくる。

Delta

若い頃は遊ぶのも大好きで、ジャンプや取って来いを楽しんでいたけれど、最近は遊ぶ時間も短くなって、猫じゃらしで少し走り回る程度。ただ、ピートとの取っ組み合いや追いかけっこの日課は変わらない。

Delta

Pete and Delta

【デルタが出てくる動画(Youtube)】
デルタのゴロゴロ
Pete and Delta Relaxing
Pete and Delta(けんか)
お風呂場の猫たち
ピートとデルタの日常
ピートとデルタの日課
ダンボールハウスの攻防
猫草を食べるピートとデルタ
ピートに毛繕いされるデルタ
ラジオメーターとデルタ
やっぱり靴にスリスリするデルタ
甘え上手なデルタ
撫でてと要求するデルタ(鳴き声あり)
猫ベッド攻防2
メモリーキーヤーとデルタ
猫ベッド攻防
避難生活中の実家でデルタ危機一髪の図
ピートとデルタと桜盆栽
デルタのグーパー
やっぱり靴が好きなデルタ
膝の上から動かないデルタ
にゃんだあBAGに腰が引けるデルタ
デルタのゴロゴロ
靴の匂いに酔っぱらうデルタ
ピートにちょっかいを出して遊ぶデルタ
パソコンを占拠するデルタ
ピートとデルタ仲良く毛繕い

【猫のデルタの主な記事】
生後5ヶ月
生後6ヶ月(去勢手術)
生後7ヶ月
そらとぶねこフォトコン受賞
1歳
生後16ヶ月
生後18ヶ月
2歳
ピートとデルタ,フォトコン受賞
3歳
デルタがフォトコン最優秀賞
4歳
5歳
6歳
7歳
デルタがフォトコン受賞
8歳

【ご参考】
・かんなさんの猫ブログ「pyon*weblog
・Flickrのデルタ写真
タグ: デルタ
posted by ソウヘイ at 02:00| Comment(0) |