2016年08月30日

ミステリ読了 Xの悲劇

「Xの悲劇」(E.クイーン)を読了。Kindle版。

χの悲劇でエピグラフとして引用されていたのが本書だったので,気になって読んでみた。

なるほど,殺人事件が起きるシチュエーションとか凶器なんかがリンクしていて面白い。

エラリイ・クイーンを読んだのはオランダ靴の謎以来2冊目。オランダ靴の時もそうだったけれど,外国の古いお話ということで,文化の違いが興味深く面白い。Xの悲劇はニューヨーク周辺が舞台で,時代は1930年代。作中では夜中だろうと時間に構わず人々が活動しており,また鉄道や渡し船(!)もほとんど終夜営業。時代は古くともさすがはニューヨークという感じ。

本書はドルリー・レーンが活躍する4部作の1作目とのことだけど,さてどうしよう。

posted by ソウヘイ at 15:17| Comment(0) | 読書

2016年08月28日

スマートフォン更新 iPhoneSE

ガラケーからiPhone5に機種変をしてスマホデビューをしてから3年半経った。

やはり慣れてしまうと手放せないもので、日々便利に使っている。

たまたま1年前に電池を交換してもらったので、端末的にはまだまだ使えそうな感じだった。

しかし、サンバーを買って自家用車2台体制となり固定費が増えた関係で、2人分のスマホ通信料がかなり気になってきた。

格安SIMを使っている人もだいぶ増えてきて、少し調べたりしてみたものの,iPhone5(無印)は古すぎてそのままではSIMを差し替えて使用することはできないらしい。またSIMフリーのiPhoneをAppleから買うと5万円以上する。さらに、auの割引プランの縛りで、2年に一度の更新月が過ぎてしまっており、今MNPで出ようとすると解除料を取られてしまう。そんなわけで、まだしばらくこのままキャリアを使い続けるしかないかなぁ、ということになった。

それならポイントも貯まっているし、いずれSIMロック解除して格安SIMで使うこともできそうなiPhoneSEに機種変更しておこうか、という気持ちになった。ついでに料金プランも見直して、少しでも固定費を削減できないか精査することにする。

まずこのiPhone5無印64GBを買った時は、LTEプランというのしか選べず、これがデータ使い放題で高かった。最近は短時間通話とデータ量に応じたプランがあって、毎月の通信量がだいたい2GB超なので、3GBのプランにすれば1000円くらいは安くなる計算。あと役に立たないスマートパスなんちゃらは外す。

料金シミュレータで検討した結果、一番安いiPhoneSE16GBで、今の端末を下取りしてもらうなどすれば、機種変更しても月額料金が下がることがわかった。

手続きは全てオンラインで。店舗に行くと待たされるし、前回も在庫がないとか言われて大容量のものを買ってしまった反省あるので。

在庫確認に1日、本申込後の審査に1日かかって、発送。申込みから4日後には新しい端末が送られてきた。

新しいSIMが入っていなくてちょっと慌てたけれど、古い端末のものをそのまま挿せば良いみたい。手続きも何もなしで使えるようになっていた。

さらに2日後に本人限定受取郵便で旧機種の下取り用返送セット(レターパックライトの箱と梱包材)が届いて,iPhone5をリセットした上で詰めてポストに投函して手続き完了。

iphonese.jpg

手こずったのはデータやアプリの移行。64GBから16GBにケチったので、iTunesから復元したら容量不足でエラーが出てしまった。音楽を自動で同期しないように設定して、iTunesを再起動したりしたらなんとかできた。

アプリはそのままだとグレーアウトして使えないものがけっこうあって、これはダウンロードし直す必要があった。

あとは大きさも従来と変わらないし,操作感も変わらず。動作が速くなったのと,指紋認証は便利。今さらだけどこの速度と精度で指紋認証するのはすごいなぁ。一昔前は指紋認証って大げさな装置を使っても精度がイマイチだったように思う。

歩数も数えてくれるので,今まで持ち歩いていた歩数計は不要になるかな。

でも全体としてはインターフェースが全く変わらないので,ちょっと拍子抜けくらいかも。iPhoneが出てからもうずいぶん経つけれど,スマートフォンのインターフェースってこれでもう改良の余地なし,というレベルまで成熟したのかなぁ。なんとなくそんなことはない気がするけれど。

カメラの性能などは追々試していきたい。

一緒に買った手帳型のケースは,カードが2枚入ると書いてあったのに,2枚入れたらフタが閉まらなくなってしまう。これはイマイチだったかも。

posted by ソウヘイ at 08:10| Comment(0) | パソコン・インターネット

2016年08月10日

映画鑑賞 シン・ゴジラ

シン・ゴジラを鑑賞。公開2週間後のレイトショーで,225席のスクリーンが15%くらい埋まっていたかな。

ツイッターで何やらすごいらしい,という情報は得ていたけれど,今までのゴジラ作品はテレビでやっていたものを少し見たことがある程度で,予備知識はぜんぜんなし。

素直な感想としては,ゴジラ怖かった。怪獣や巨大ロボものって,パシフィックリムみたいな感じで楽しむものかと思っていたけれど,シン・ゴジラは凶悪で怖かった。

あと,全体的にエヴァンゲリオンぽいというか,これはまあ狙ってのことなんだろうけど,エヴァを実写にしたらこういう感じ,という映像だった。

今までのゴジラ作品を知っていればもっといろいろ楽しめたのかもしれないけど,知らなくてもけっこう楽しめた。

参考リンク:映画シン・ゴジラ公式サイト
タグ:邦画
posted by ソウヘイ at 10:07| Comment(0) | 映画

2016年08月08日

アマチュア無線(フィールドデーコンテスト2016)

フィールドデーコンテスト(規約)への参加は5回目。

今回も猛暑でまた時間も取れなかったため,2日目の朝9時半から11時頃までの短時間だけ。かんなさんの実家に移動して,FT-817とダイポールでフィールドステーションB(既設電源あり)で参加。




アンテナを張らせていただいているお庭は,夏場で植物が繁茂してエレメントに触ってしまうし,固定もうまくできなかったけれど,暑さで細かい調整は断念。チューナ(Z-817)で同調させた。

念のため書いておくと,かんなさんの実家はFT-1021で200Wの固定局として開局しているけれど,この常置場所に登録した無線機は一台だけなので,FT-817を持っていった場合は「移動局」となる。




アンテナは7MHzと14MHzを張ったけれど,どちらもノイズが酷い。常時S8くらいのノイズで,エアコンが悪いのかと思って止めてみたけれど変わらず。

14MHzはコンディションも悪く,ノイズと相まって壊滅状態。7MHzはIPOをON(RFアンプOFF)にすればノイズに埋もれない強い局ならコピーできる状態。これでなんとか13局。

14MHzもノイズに埋もれつつもコピーできた2局だけ交信できた。




Freq.  Point Multi  QSO
----------------------------------------
7MHz   13  10  13
14MHz   2   2   2
----------------------------------------
Total   15   12
Score  15 x 12 x 1 = 180

マルチ
7MHz:福島,新潟,長野,東京,千葉,茨城,栃木,群馬,静岡,富山

14MHz:茨城,高知

過去のフィールドデーコンテストの様子:2015年2014年2013年2012年
posted by ソウヘイ at 20:00| Comment(0) | アマチュア無線

2016年08月07日

ミステリ読了 χの悲劇

「χの悲劇」(森博嗣)を読了。Kindle版。

Gシリーズ10作目かな。前作を読んだのが2年前で,出版も2年半あいている。これはもちろんそれが与える効果を見越してのことだと思う。

さすがだなぁ,という感想。今までの作品を通して再読させたくさせるこの感覚はなんと表現したら良いのだろう。「書かなくても良いことを極力書かない」という方針だそうだけど,まさにその絶妙なところを突いてくるというか。

いずれ全てのシリーズが完結してしまうのは寂しいことだけど,再読の楽しみを考えただけで今から震えてくる。そのうち自分の仕事をリタイアして,まとまった時間を作って,資格の勉強とかも考えず,かんなさん(奥様)と語らいながら,森博嗣を一作一作噛み締めて再読するというのがささやかな夢である。

ミステリィについて自分なりに見直し、あまりトリッキィなものではなく、どろどろしたものでもなく、真正面から誠実に、シンプルできめの細かい作品を書きたいと思うようになりました。また、矛盾しているように感じられると思いますが、一方では書かなくても良いことを極力書かない、という当たり前の素直な方針を掲げ、ナチュラルでアキュラシィな作りをなんとか目指したいと今は考えています。(引用:公式サイトのGシリーズ作品紹介より)


posted by ソウヘイ at 18:50| Comment(0) | 読書