2016年10月14日

SF本再読 アリスへの決別

「アリスへの決別」(山本弘)を再読了。文庫版。初読は6年前

プロジェクトぴあのと共通の時間線のお話があるとのことだったので再読してみた。

初読のときのことはほとんど忘れてしまっていたので、また楽しく読めた。

これからの時代、ディストピアは大衆自身の意思によって生まれてくるのではないかと思うのです。


あとがきにあったこの言葉、私も最近の風潮からこれを危惧している。なんでもすぐに「disったり」「アンチ」になったり「炎上」させたり。ホント、みんな罵り合わずに仲良くしたら良いのに。少なくとも、自分に直接危害のない話は放っておいたら良いと思う。

【収録作品】
アリスへの決別
リトルガールふたたび
七歩跳んだ男
地獄はここに
地球から来た男
オルダーセンの世界
夢幻潜行艇

タグ:SF 山本弘
posted by ソウヘイ at 21:19| Comment(0) | 読書