2016年12月06日

MacBookProその後(6年経過)

メインマシンのMacBookPro15インチ(Mid2010; MC371J/A)を買って6年が経過した。

OSはSierra(10.12)が出てすぐにアップデートしてある。Sierra対応のハードとしては最古モデルとなってしまっただけあって、さすがに限界が近づいている感がある。

ストレージは1TBのHDDがまだ半分以上空いているのでその点は心配ないのだが、8GBのメインメモリが割とすぐにキャッシュに退避し始めたり、「ファイルを開く」動作でリストが出るまでしばらく待たされる、スリープからの復帰が遅い、などの症状が出ている。

定番のDisk First Aidなどもやってみたけれど、あまり変わらず。一度データを退避してクリーンインストールすればスッキリしそうな気はするんだけど、データが大きすぎて実際にやるとなると厳しい感じがする。

/mbp201612.jpg

パソコン更新の過程で捨てたデータもずいぶんあるけれど、それでもHDDに保存してある写真は5万枚以上、音楽も10GB近くあるし、どうしたら良いのか途方に暮れている、というかあまり考えないようにしている、というのが正直なところ。

最近はデータはクラウドに置いて、本体は小さめのSSDで、オンライン前提で使うのが主流みたい。先日買った格安2in1はまさにそんな感じ。しかしさすがに数百GBのデータをクラウドに置くのは2016年時点では非現実的。自宅の回線は16Mbpsなので、理論速度が出ると仮定しても、500GBのデータをアップロードするのに丸3日もかかってしまうし、そもそもそんな大容量のクラウドを借りたらいくらかかるか…。

と、考え始めると新しいMacBookProに更新するモチベーションがなかなか高まらない。

データの件をひとまず棚上げするとしても、新型MBPは高い。今使っているモデルは、とりあえず安めの機種を買って、メモリやHDDを自分で交換・増設して長く使い続けることができた。それに対して新型はメモリやSSDは交換不可である。となると最初からBTOで増やしておく必要があり、15インチだと34万円、13インチでも29万円とかになってしまう。冗談ではなく中古で車が買える

一応、無料で使えるGoogleフォトにHDD内の写真をアップロードし始めた。5万枚アップロードするのにいったい何日かかるのかわからないけれど…。無料だと非可逆圧縮されてしまうけれど、消えてしまうよりはずっとマシ。

その上でサブ機としてWindowsの格安2in1を買って、無線関係や出先の書き物はこれで対応できるようにした。

こうしておけば突然今のMBPが壊れたとしてもダメージは最小限だろう。今のMBPの老体に鞭打ちながら、後継をどうするかじっくり考えたい。

Delta
タグ:MacBookPro
posted by ソウヘイ at 20:59| Comment(0) | パソコン・インターネット