2016年12月23日

映画鑑賞 君の名は。

映画「君の名は。」を鑑賞。公開が8月なので4ヶ月経っているけれど,大ヒットらしくまだ満席だった。

本でもそうだけど,大ヒット作やベストセラーというのはどうも苦手意識があって,今まで観に行っていなかった。このままテレビ放映まで待つかなぁ,と思っていたら,かんなさんが観たいとおっしゃるので映画館へ。

人格の入れ替わりとさらにもう一つSF的な大ネタがあるんだけど,あくまでも物語のテンポ優先で,最後は爽やかな気分で出てこられるので,これはやはり万人受けする作品なのだなぁ,という感想。

SF好きとしては,人格入れ替わりの必然性とか法則性,入れ替わりに気づいた後のうまく生活するためのノウハウ,といったあたりを(こじつけでも良いので)もっと突っ込んで欲しかったけれど,それをやったらやっぱりここまでのヒットにはならなかっただろうし,これはこれで良かったのかも。

人格入れ替わり(というか乗り換え)といえば,監督のインタビューでも挙げられている,「貸金庫」(G.イーガン祈りの海所収)を思い出してしまう。「航路」(C.ウィリス)に影響を受けたというお話も納得。大衆にウケるのはイーガンよりも断然コニー・ウィリスなんだよなぁ。

参考リンク:映画「君の名は。」公式サイト
タグ:映画 アニメ
posted by ソウヘイ at 23:04| Comment(0) | 映画