2016年12月27日

Kindle Paperwhite 3Gその後(4年経過)

Kindle Paperwhite 3Gを使い始めて4年経った。

4年間で読んだ本の、紙と電子版の価格差を考えると、もう端末代の元は取ったと思う。実際は本の置き場所が不要になったおかげで、本棚も買わなくて良いし、本屋に足を運んだり、Amazonの梱包材を捨てたりする手間もなくなったので、書籍自体の価格差以上のメリットが出ているのではないか。

なのでそろそろ新機種に乗り換えても良いわけだけど、変わっているのは解像度と処理速度が少しアップしている程度で、使い勝手が劇的に変わるわけではなさそう。だったら今の端末が使えなくなるまではこのままでも良いかな、とも思う。

紙の本並みに「パラパラめくり」ができるようになるとか、劇的な変化を期待したいところ。

今のままでも本の内容自体の吸収性というのか、情報が頭に入る感じは紙の本とそう変わらないかなぁ。Kindleはレイアウトが可変で、読み進めているときと、後から戻るときでレイアウトが変わることがあるので、「文字の並びとかページの全体的なイメージ」でどこに何が書いてあったかを覚えておくことは難しい。なので後から見返したくなりそうなページはブックマークするようにしている。

もちろん「物質としての本」に価値を見出すとか、Kindleでは削除される解説が読みたいとか、カラーの挿絵のクオリティを重視する、という向きには現在のKindle版ではまだまだ不足だと思う。あと勉強のテキストなんかはやっぱり紙の方が使いやすい。蛍光ペン代わりのハイライト程度はできるけれど、書き込みができないのはどうしようもない。


タグ:Kindle
posted by ソウヘイ at 21:20| Comment(0) | 読書