2017年01月18日

SF本読了 宇宙年代記<合本版>

「宇宙年代記<合本版>」(光瀬龍)を読了。Kindle版。

セールで半額になっていたのでポチって,あまりのボリュームになかなか手がつかなかったけれど,昨年の11月から3ヶ月近くかかってようやく読了。

独特の味わいがあって良いんだけど,さすがにこれだけ一気に読むとお腹いっぱいかな。

ちょうど「オホーツク二〇一七年」を2017年に読めたのは良かったかも。SFで描かれた未来に自分たちは住んでいる。網走に宇宙空港はできていないし,月への往還宇宙船もまだないけれど。

演出で特殊な組み方をしているページが「喪われた都市の記録」の後半に多数出てきて,これはKindleでは画像扱いになっているんだけど,Kindle Paperwhite(2012年モデル)だと細かすぎて読みづらい。拡大すれば読めるんだけど,操作が最近のスマホみたいにスムーズには動かないので面倒。特殊な組み方といってもテキストなので,この辺はもっとうまくデータ化してもらえたらうれしい。

IMG_3723_w500.jpg

【収録作品】
シティ〇年
ソロモン一九四二年
残照一九七七年
晴の海一九七九年
墓碑銘二〇〇七年
氷霧二〇一五年
オホーツク二〇一七年
パイロット・ファーム二〇二九年
幹線水路二〇六一年
宇宙救助隊二一八〇年
標位星二一九七年
巡視船二二〇五年
流砂二二一〇年
落陽二二一七年
市(シティ)二二二〇年
戦場二二四一年
スーラ二二九一年
エルトリア二四一一年
シンシア遊水地二四五〇年
流星二五〇五年
西キャナル市二七〇三年
連邦三八一二年
カビリア四〇一六年
カナン五一〇〇年
辺境五三二〇年
東キャナル文書
喪われた都市の記録(上・下)


タグ:Kindle SF 光瀬龍
posted by ソウヘイ at 21:04| Comment(0) | 読書