2017年02月22日

アマチュア無線 ARRL International DX CWコンテスト2017

このコンテスト(規約)も貴重なDX交信の機会なので、だいたい毎年参加するようにしている。

ただ、昨年と比べてもハイバンドのコンディション低下が顕著になっているとのローカルOMさんの情報なので、ベランダのモービルホイップでは厳しいかもしれない。

かといって、移動してダイポールを張るとしても、車で使えるリグはFT-817(5W)だけ。ということで選択肢としては、モービルホイップで100Wを出すか、ダイポールで5Wという2択になる。今まで車からDXはほとんどやったことがないので、今回は後者でチャレンジしてみることにする。ちなみに200Wの固定局(実家)はDX向けにはあまりロケーションが良くないのと、早朝からアンテナを張ったりしづらいので見送った。

太平洋に面した海沿いのロードパークで,1日目の10時過ぎ,まずは21MHzのモービルホイップでワッチしてみた。案の定アメリカの局はぜんぜん聞こえず。唯一グアムが聞こえたけれど,呼べども呼べどもまったく届かず。




ダイポールを逆Vに張って改めてワッチ。しかしやっぱり聞こえない。グアムも消えてしまった。

これでは今回は0交信で終了かな,と諦めかけたけれど,一応手持ちの14MHzのダイポールも張ってみることに。

こちらは21MHzと比べると少しアメリカの局も入感している。その代わり聞こえる局にはJAからのコールが集中していて,呼んでもなかなか取ってもらえない。JA各局は最低でも50W,だいたい100Wとか200W,500WやKWもちらほら。そりゃ5Wでは太刀打ちできないよなぁ。ちなみにアメリカ以外の局はコンテストナンバーに送信出力を送る。

たまたま聞こえ始めたばかりのOR(オレゴン州)の局を呼んだら,何度も聞き返された末にようやくコピーしてもらえた。さらにCA(カリフォルニア州)の局とも交信成立。たった2局ではあったけれど,この悪条件でよく頑張ったと大満足。

せめて50W出せる移動用のオールモードリグを手当てしたいところだけど,サンバーだと電源の確保も厳しいし,予算もないし,悩ましいところ。




【過去のARRL International DX CWコンテストの様子】
2016年2015年2014年
posted by ソウヘイ at 21:38| Comment(0) | アマチュア無線