2017年10月03日

SF本読了 複成王子

「複成王子」(H.ライアニエミ)を読了。Kindle版。

量子怪盗の続編。よりによってこれも3部作だった。3作目が出る頃にはまたストーリーを忘れそう。

2作目は1作目とは雰囲気が変わって、クラークの第3法則というか、科学技術が進みすぎて魔法化したような地球が舞台。いまいちストーリーが追いきれないというか、飛躍があるように感じて、終わりまで読んでも、ん?と首を傾げてしまった。で、解説を読んだら実は3部作。

最初から3部作ですよ、と書くと売れなくなるとか、伏せる理由があるのかなぁ。できればまとめて読みたいんだけど。ああそうか,売れなかった場合続刊が邦訳されないこともあるからか。でも中途半端に途中まで読まされるのって,キツくないかなぁ。

posted by ソウヘイ at 22:26| Comment(0) | 読書