2018年04月26日

SF本読了 赤目姫の潮解

「赤目姫の潮解」(森博嗣)を読了。Kindle版。

百年シリーズ3部作の完結編。

いやー、なんというのか、すごく「試されている感」のある小説だった。

正直、読み終えて「なるほど、そういうことか。森博嗣はやっぱりすごい」と、完全に腑に落ちるということはなかったんだけど、なんだかすごいものを読まされた感は残った。

Wシリーズも途中までしか読んでいないけれど、そこで描かれるテーマを突き詰めていった結果なのかなぁ、とぼんやり考えたりする。ウォーカロンとかそういう単語は一切本書には出てこないんだけど。

イーガンとか士郎正宗とか、アイデンティティーの問題をどんどん掘り下げていく感じで、森博嗣もそこに別アプローチで来たという感じとでも言えばいいのかな。

なかなか適切に表現ができない。

posted by ソウヘイ at 20:49| Comment(0) | 読書

2018年04月21日

SF本読了 地上最後の刑事

「地上最後の刑事」(B.H.ウィンタース)を読了。Kindle版。

内容としてはフーダニットのミステリだけど、購入したきっかけは小惑星衝突によりあと半年で人類が滅亡することがわかってしまった世界というSF的舞台設定が面白いと思ったため。

解説によるとプリアポカリプスものというらしいんだけど、作中でも登場する「渚にて」とかもそうだし、SFだからこそ描ける魅力的なテーマのひとつだと思う。普段から明るい未来を描いたSFが好きだと言っていることと矛盾してしまうけれど…。

これも買ってから3部作だったと知った。確かに魅力的な設定なので1作ではもったいないかも。2、3作目はまだ文庫化(文庫価格化)していないので、先に他の雲読本を挟む予定。

posted by ソウヘイ at 21:33| Comment(0) | 読書

2018年04月20日

アマチュア無線(JIDX CWコンテスト2018)

毎年さくらまつりと重なってあまり参加できないJIDXコンテストCW(規約)。今回は2年ぶり4回目の参加。

めずらしく初日から参加できそうだったので、新しく14MHzのモービルホイップを購入。DXはずっと21MHzメインでやってきたけれど、当面Condxが回復しそうにないので、多少マシらしい14MHzに出てみることにした。

ベランダにモービルホイップを仮設するときに、アースはカウンターポイズを2本ベランダの床に向けて這わせている。このせいかわからないけれど、21MHzのモービルホイップは、めいっぱいエレメントを縮めてもSWRが高く、エレメントを切って調整した経緯があった。切れない安物の金鋸でずいぶん苦労した経験がある。

そのため14MHzのエレメントも切断することを想定し、5mm径の鋼線まで切断できるワイヤーカッターを準備してアンテナの調整。

ところが、新しい製品はエレメントの調整範囲が広いのか、エレメントを切ることなくSWRが落ちた。リグのSWRメーターで1〜2コマ。せっかく買った工具は無駄になったけれど、調整できないよりは良いか。

1日目、16時からワッチを開始。近場のエンティティがポツポツと入感。S4くらい振っている局だと、80Wくらいで送信すればなんとか取ってもらえる感じ。

ということで、21時頃までに20局と交信。ヨーロッパ(Zone15)はフィンランドやポーランドがカスカスで聞こえたものの、交信はできず。16のヨーロッパロシアとギリギリできた。アンテナも調子が良く、久しぶりにまともにDXコンテストをしているという感触。

2日目は朝7時から8時頃までと、夕方15時から17時頃まで。朝は弱かったけれど、北米とも交信できた。

最終的には31局。何局かはQSBの影響もあり、ミスコピーされているかもしれない。20mとしては初交信のエンティティばかりだったけれど、MixのNewは増えず。まだまだ辛抱の時期が続く。それでも21と14の2バンドに出られるようになったことは収穫だった。仮設アンテナなので着け外しは面倒だけど。

【過去のJIDX CWコンテスト】
2016年2015年2014年

posted by ソウヘイ at 21:28| Comment(0) | アマチュア無線

2018年04月19日

猫のピート13歳

捨て猫出身の牡猫ピートは13歳になった。

まずは何よりも,一年間元気に過ごしてくれたことに感謝したい。

Pete

昨年ちょっと心配していた口の横のできものも目立たなくなったし,毛艶も良く体調は良いみたい。

食事は毎朝のモンプチスープ系を欠かさず。同じ種類だと飽きるみたいで,いろいろと種類を変えながらあげるんだけど,気に入らずに食べない日もあって,なかなか好みにうるさい。

Pete

カリカリはミオコンボを中心に,ピュリナONEや,モンプチやメディファスを適当にローテーションで与えている。

おやつは長らくカニカマが鉄板だったけれど,最近はちょっと飽きてきたのか,食べないこともある。クリスピーキッスが最近のお気に入り。ただしお徳用ではダメで,割高なレギュラーサイズじゃないとダメというグルメぶり。

Pete

早起きも相変わらずで,毎朝4時頃から起こしにくるのが日課になっている。

デルタにいつもちょっかいを出されて,ピートは本気でやり返したりはしないので、だいたいデルタが勝ち逃げみたいになっていた。優しいピートがちょっと不憫だな、なんて思っていたんだけど。。。

Pete and Delta

ちょうどピートの誕生会をしようと思っていた4月15日。デルタの様子がおかしく、顎をカクカク痙攣させて、なにかを吐き戻そうとするような仕草(でもなにも吐かない)を繰り返していた。水も飲めず、カリカリも食べられない。

一晩様子を見ても回復しないので、動物病院へ。水も食べ物も摂取できないので、とりあえず点滴と吐き気どめの注射をしてもらって、様子を見ることになった。

で、連れて帰ったらピートが盛んにデルタを威嚇する。最初は病院の臭いが嫌いなのかと思っていたけれど、一晩経ってもずっと威嚇しているので、これはもしかしたらデルタが弱った隙に日頃のうさを晴らすというか、ボス猫の地位を取り戻そうとしているのかもしれない、と思い至った。

面倒見が良く優しいピートだけど、そんな一面があったなんて…と、新たな発見ではあるものの,複雑な心境。

何より,健康なときは良いけれど,病気になるとやっぱり大変。頭ではわかっていたことだけど,実際にその時がくると慌ててしまう。見た目の症状からだけではどこか痛いのか,気持ちが悪いのか,そのほかの不調なのかわからないし,でも水が飲めないとそれだけで弱ってしまうし...。自分の具合が悪いのよりもよっぽど辛い。

うちはかんなさんがつきっきりで面倒を見られる体制だからまだなんとかなっているけれど,予定は全部キャンセルしなくてはいけないし,いつまで続くかもわからない。昨今は犬猫ブームで飼育数が増えているそうだけど,動物を飼うことの責任というのは,事前に本当によく考えた方が良いと思う。

【過去記事】
ピート12歳11歳10歳9歳8歳7歳6歳5歳4歳3歳2歳1歳

Flickrのピート写真,および特に子猫時代の写真

【海外でピートのことを紹介頂いた記事】
Pete’s Foster Family Becomes His Forever Home
Pete and Delta Overcame Shocking Earthquake in Japan
posted by ソウヘイ at 22:01| Comment(0) |

2018年04月14日

映画鑑賞 名探偵コナン ゼロの執行人

恒例のコナンくん映画は22作目。

公開2日目の土曜日,朝7:50分の初回上映で定員386の大きなスクリーンが60%くらい埋まっていたかな。

珍しく終盤近くまでアクションを控えた渋い展開で,好感が持てた。ここ数年の中では一番良かったかも。やっぱり小学1年生の体力になってしまっているはずのコナンくんの,超人的なアクションに頼る展開はちょっと...ね。

終盤のアレはまあ見せ場としては必要だったかもしれないけれど,やりすぎじゃないかなぁ。とはいえ,今回も純黒〜に続いてガンダム好きにはたまらないガンダム回であった。

今回,安室さんの愛車RX-7は壊れてしまったけれど,どうするんだろう。もう新車じゃ手に入らないから,程度のいい中古車でも探すんだろうか...。

23作目も来年GW,キッド回になりそう。




参考リンク:劇場版名探偵コナン公式サイト
posted by ソウヘイ at 21:13| Comment(0) | 映画