2019年02月23日

SF本再読 赤目姫の潮解

「赤目姫の潮解」(森博嗣)を読了。Kindle版。

Wシリーズを完結まで読んで,百年シリーズを再読した流れで,最後はこれ。初読は2018年4月なので約1年ぶり。

やはりWシリーズと百年シリーズ2作を踏まえて読んだ方が,なんとなく「わけのわからなさ加減」は減少する感じ。ただ,それでも「腑に落ちる」というところまでは至らず。

どうしても「合理的な解釈」とか「これは物理的にどういった状況が背景にあって,それを登場人物視点で描いたらこうなる」とか,そういうことを考えながら読んでしまう。

特に迷宮百年の睡魔で描かれた殺人トリックや,Wシリーズの富の谷で描かれた社会などが,いかにもそのヒントになっていそうではあるんだけど,最近の森作品の描写からするとそういうのを解説するのは無粋であって,「想像にお任せします」ということになるんだろうな。


posted by ソウヘイ at 20:54| Comment(0) | 読書

2019年02月18日

SF本読了 アルテミス

「アルテミス 上・下」(A.ウィアー)を読了。Kindle版。

あの「火星の人」のウィアーの第2長編。

さすがの面白さではあった。舞台や設定も魅力的。ただ、金のために犯罪行為を繰り返す主人公というのはどうなんだろう。特に上巻はそれがひたすらモヤモヤと気になった。

下巻では罪を犯してでも金を稼ぐ背景だとか、大義のための犯罪行為という面が出てきてだいぶ気持ちが楽になる。とはいえ結果オーライだったからといってテロ行為が正当化されるわけではないと思うんだけど。

最初から「法律や警察では裁けない悪を懲らしめる」系のストーリーだったらまあアリかなとも思うけど、上巻では大金に目が眩んだ単なる犯罪者だしなぁ。

このあたりの好みは、ヤンキーや珍走団が嫌いで、更生したとしてもあまり寛容になれない個人的な感情も影響しているかも。品行方正な主人公の父親よりも、破天荒な主人公に共感する人ももちろん多いだろう。

この作品も映画化されるそうなので、上記のような点がどんなアレンジになるか見届けたい。


posted by ソウヘイ at 20:38| Comment(0) | 読書

2019年02月17日

映画鑑賞 劇場版シティーハンター

「劇場版シティーハンター 新宿PRIVATE EYES」を鑑賞。

公開一週間後の平日夕方の上映で,お客さんは10人ほど。まあお子様は知らないだろうし,おっさんホイホイ映画という感じ。

自分も原作は読んでいないし、アニメも初期の頃になんとなく見ていたくらいで、主要キャラクタがだいたいどんな役割なのかがわかる程度。

最近だとむしろ「シティーハンターのアレ」が有名になってしまって,今回もエンディングで笑いそうだった。お約束というか水戸黄門的マンネリというか,安心して見ることができる。

車の描写はCGっぽさがなく良かったと思うけれど,その分ドローンのCGが浮いてしまった感じはある。

劇場版としては4作目だそうで,3作目まではどんな感じだったんだろうとレンタル店で探してみたけれど,取り扱いなしで残念。




リンク:劇場版シティーハンター公式サイト
タグ:映画 アニメ
posted by ソウヘイ at 17:41| Comment(0) | 映画

2019年02月12日

資格取得 無線航空従事者試験(ドローン検定) 1級編

2級編からの続き

3級:2018年度7月期試験(第18回) 合格
2級:2018年度9月期試験(第19回) 合格
1級:2018年度1月期試験(第21回) 合格

【ドローン検定1級】
2018年11月の第20回は1級の試験がなかったので,2019年1月の第21回にエントリー。エントリーすると,1級試験参考テキストとして,15ページのpdfファイルがダウンロードできる。演習問題は36問しか収録されていないので,標準テキスト,上級テキストからも相当数出題されると想定して,年末からちょっとずつ勉強と復習を開始。

大まかなところは覚えているので,数字が絡むところを重点的に復習。1級の範囲は狭いので、すぐに終わってしまう。

直前はまた乱数サイトなどを活用して、標準テキスト、上級テキスト、1級pdfからランダムに問題を解くやり方で最終確認。

これまで3,2級と受けて余裕が出てきたので,試験当日は開場1時間前に近くのディーラーで車の試乗をしていた。




1級試験は2級受験時と同じ会場で、受験者数は1級7名、2級3名、3級7名、4級2名。女性は1級受験のかんなさん1人だけだった。

30分の途中退室可能のアナウンスから数分遅れで退室。

問題の内訳としては、1級pdfから11問、上級テキストから31問、標準テキストから8問。そのうちテキストの数値違い問題が2問、テキストの範囲内だけど問われ方が違う新問が2問あった。新問は下記。

マルチコプターの静安定が負である場合の説明として正しいものを選びなさい。
(1)姿勢は元の位置に戻ろうとする
(2)振動する
(3)動安定は負である
(4)センサーのゲイン設定が高すぎる


小型無人機等飛行禁止法において、第8条3項の通報に関しての説明として正しいものを選びなさい。
(1)通報は、対象施設周辺地域を管轄する警察署に行うことで事足りる
(2)通報とは、飛行を開始する48時間前までに、110番に電話することである
(3)火災現場での飛行に関しては消防署への通報で事足りる
(4)通報は、管轄の警察庁に行われなければならない


自己採点は1問間違いで、間違えたのは上記静安定性の問題。動安定性は制御も含めた話だと思っていて、仮に重心偏りなどで静安定が負であっても、適切に制御すれば動安定を正にできると考えてしまった。テキストにもセンサのゲインが動安定に影響するみたいな記述もあったし。

いずれにしろ無事に合格できて良かった。ドローン検定は難易度としてはかなり優しい部類で、きちんとテキストの問題を何度か解けば合格できる。

法律の改正などもあって、2019年1月現在、1級向けのテキストは発売されておらず、上述のpdfで勉強することになる。正式なテキスト発売後は範囲が広がって難易度が上がる可能性もあるし、今だったら受験者も少ないので、受けてみるのも面白いと思う。ただし1級を取るには最短4ヶ月の期間と,3〜1級までの合計受験料35,500円がかかる。。

せっかくドローン検定も取ったし、ドローンを飛ばす方もそのうちやってみたい。と思ってトイドローンをひとつ買ってある。ただし操縦はなかなか難しい。最近の高いドローンはほとんど自動で飛んでくれるみたいだけど、MT車乗りとしては、まずは手動操縦で飛ばせるようになりたいかな。



posted by ソウヘイ at 21:48| Comment(0) | 日記

2019年02月11日

アマチュア無線(関東UHFコンテスト2019)

関東UHFコンテスト(規約)への参加は8回目。

毎年降雪などの影響で「移動できるかどうかは五分五分」と書いている通り,今年は2日前の寒波で山の方は雪となり,当日も路面凍結が危険と判断していつもの移動場所は断念。

なかなか安全でロケーションの良い代替移動場所は見つけられておらず,今回は海岸に近い少し高くなった駐車場で参加。

IMG_6514_w560.JPG

やはりロケーションが悪いのと,たぶん同様に山への移動局が少ない影響もあって,さっぱり聞こえず。市内のローカルさん3局と,かろうじて県内の1局の合計4局と交信して早々に撤収。

最近HFハイバンドは壊滅的なコンディションが続いており,弱小局でも移動すれば楽しめるUHFコンテストは貴重な無線の機会。できれば天候の影響を受けにくい春か秋に開催時期を変更してもらえると助かる。

Freq. Point  Multi  QSO
----------------------------------------
430MHz 4 2 4
----------------------------------------
Total 4 2
Score 4 x 2 = 8


IMG_6513_w560.JPG

【過去の関東UHFコンテストの記事】
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年



posted by ソウヘイ at 18:13| Comment(0) | アマチュア無線