2019年08月25日

中古車購入プジョー2008(味見運転編)

DSC06019_w560.JPG

ドキドキ納車編からのつづき。

納車の翌日,私も10kmほど運転させてもらった。

ETG5は自分で運転すると違和感が強い。これなら素直に3ペダルのMTにしてくれた方が乗りやすいなぁ,というのが初見の感想。ある程度速度が出て,ストップアンドゴーが少ないシチュエーションなら,MTとしてのダイレクト感が気持ちいいけれど,発進時のモタつきと,低速時のギクシャクが,良い点をスポイルしていると思う。とはいえ,機械と対話しながら乗りこなす楽しさは,トルコンATやDCTよりも確かにMTに近いと言える。

DSC06014_w560.JPG

1200ccの3気筒エンジンは想像していたような振動もなく,静粛性も高い。回して走ることはなかったけれど,ポロよりも軽く吹け上がって気持ちがいいかも。

軽く回る小径ハンドルと,クイックに反応するステアリングは,ポロよりもスポーティな印象。ただ,ロードスターのハンドルは逆に重いので,「スポーティさ」とはなんなのか,イマイチよくわからない。

DSC06022_w560.JPG

走り以外の面について。ドアやリアゲートを閉めた時の音は,ポロの方が重厚感があって,2008はやや安っぽい感じ。特にリアゲートは「バシャーン」と閉まるのがなんとも。

あとは今時の車なら必ず付いているアイドリングストップ。ただでさえETG5は発進でもたつくので、かんなさんは乗るとすぐにEcoスイッチをOFFにする。私も同意見。これは常時OFFにしてしまいたいけれど、けっこう面倒らしい。

DSC06024_w560.JPG

翌週末にさらに100kmほど高速道路も含めて運転させてもらった。ETG5はシフトチェンジのクセを(人間が)覚えると,機械と対話しながらだいぶスムーズに走らせられることがわかってきた。具体的にはオートモード,マニュアルモードどちらも同じだけど,シフトチェンジのタイミングに合わせてアクセルを加減して加速度をゼロに近づけておく。こうするとシフトチェンジの時間も短縮されて空走の違和感もなくなる。これって考えてみたらMT車のシフトチェンジと同じ。

逆に,加速中にシフトチェンジが入ると,強制的・瞬時にアクセル断でトルクが抜け,つんのめるような空走が続いて,つながるとまた急加速,みたいなギクシャク運転になってしまう。

DSC06048_w560.JPG

上記の乗り方を踏まえて,マニュアルモードでパドルを使って,5000min-1くらいまで引っ張るとなかなか気持ちの良いフィーリングになった。シフトダウン時はブリッピングしてつないでくれるけれど,これは私がロードスターでやるより断然うまい。エンジンはポロよりも軽い感じで吹け上がる。なるほど,こういう乗り方をすると気持ち良いのか,とようやくわかった感じ。

ただし,駐車場で徐行するときなどの極低速や渋滞のストップアンドゴーでギクシャクしてしまうのは慣れではどうしようもないかな。

DSC06027_w560.JPG
posted by ソウヘイ at 20:22| Comment(0) |

2019年08月23日

SF本読了 巨神覚醒

「巨神覚醒(上・下)」(S.ヌーヴェル)を読了。Kindle版。

3部作の2作目。ストーリーが1作目の最後からそのまま続いているので、巨神計画をさらっと再読してから読んで良かった。

巨神計画が、面白かったもののほとんど風呂敷を畳まずに終わってしまって、モヤモヤした感じだったので、それに比べれば本作は3部作の2作目だとわかって読んでいることもあるけれど、楽しめた。

発掘超技術モノとしては、期待したベクトルとはちょっと違う感じだけど、先が読めなくて面白い。最終巻が楽しみ。

ここまで読んでちょっと気になったのは,「巨神」内部の人間との通信手段。発掘巨神の超科学がすごすぎて見過ごしがちだけど,それを操縦している人間は,拠点との間で音声通信を行なっており,それには人類の科学技術が用いられている。航空機との無線交信をイメージしているんだと思うけれど,巨神は世界中どこにでも行ける上,海底に沈んだりもする。さらに電磁波等のエネルギーを透過させずに吸収してしまうという描写もあり,HFやVHFの無線通信は無理ではないかと思う。体表にアンテナを設置して,内部に有線でつなげば海底以外はなんとかなるかもしれないけど,ボディの加工は一切無理という設定なので難しいかも。


posted by ソウヘイ at 21:40| Comment(0) | 読書

2019年08月19日

中古車購入プジョー2008(ドキドキ納車編)



納車待ち編からのつづき。

2008が中古車店で納車されて,そのままかんなさんが早速60kmほどドライブ。

やっぱり一番気になるのはETG5(2ペダルMT)のフィーリング。初日はオートモードで走っていたけれど,助手席にいると確かにMTに乗っているような感じ。発進や停止時の極低速ではエンスト寸前の半クラッチみたいな「ゴゴゴゴ」という振動がある。変速時の空走感は,普段MTに乗っている人なら「まあこんなものかな」と思うレベル。

DSC05998_w560.JPG

あとは「猫足」と形容されるプジョーの足回り。下道を普通に走っているだけだと,ポロよりはやや柔らかめかな,という程度で,特段すごいとも感じないし違和感もない。もっともポロの足回りがとても優秀だったので,甲乙付け難い感じかも。それよりもコーナリング時の修正舵が多いように感じた。小径ハンドルで軽いステアリングの影響もあるのかもしれないけれど,切り始めにクイックにぐっと曲がる感じ。

DSC06002_w560.JPG

かんなさんの印象を聞いたところ,ポロよりパワー感があり,軽快に走る気がするそうだ。スペックで書いたように,パワーウェイトレシオはポロと変わらないので,味付けみたいなものが違うということかな。ステアリングについては,遊びが少ないとのこと。

味見運転編につづく

DSC06003_w560.JPG
posted by ソウヘイ at 21:04| Comment(0) |

2019年08月16日

中古車購入プジョー2008(納車待ち編)

IMG_7192_w560.JPG

ポロ10万キロで後継車決定からのつづき。

10年10万キロの9Nポロ(2009年式)の後継として,2014年式のプジョー2008を買って納車待ち。

恒例のスペックを書いておく。

【主なスペック 2014 PEUGEOT 2008 Cielo】

車両型式:A94HM01
トランスミッション:ETG5
駆動方式:FF
全長x全幅x全高 4160x1740x1550
ホイールベース 2540
最低地上高 150
車両重量 1160kg
乗車定員 5

エンジン
種類 直列3気筒DOHC
形式 EB2
圧縮比 11.0
総排気量 1199cc
使用燃料 ハイオク
燃料タンク容量 50L

性能
最高出力 82ps(60kW)/5750rpm
最大トルク 12.0kgm(118Nm)/2750rpm
パワーウェイトレシオ 14.14kg/ps
燃料消費率JC08モード 18.5km/L

動力伝達・走行装置
タイヤ 205/55R16
ブレーキ前 ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後 ディスク
サスペンション前 マクファーソンストラット
サスペンション後 トーションビーム

ポロと比べると,全長が245mm,全幅が75mm大きい。車幅は最近主流になってきた1800mmクラスと比べるとまだ控えめだけど,ロードスター(1720mm)よりも大きくなる。この辺が狭い道や駐車場でどうかな,という感じ。

購入を決めてから気づいたことだけど,1200ccの3気筒エンジンは自然吸気。この排気量だからダウンサイジングターボなのかと思ったら違った。たった82psで,パワーウェイトレシオはポロとほぼ同じ。偶然だけどまた遅い車を買ってしまったようだ。レビューを読むと回して走れば気持ちいいと書いている人もいるので,それはちょっと期待かな。

リアサスがトーションビームだったのは、サスペンション好きとしてはやや残念。まあ最近は上位クラスやスポーツモデルでもトーションビームだったりするので、独立懸架にこだわることもないのかも。

他に購入決定後にわかった点としては、まともなドリンクホルダーがないらしい、というのと、給油口を開けるのにキーが必要、という点。フランスの文化なのかもしれないけれど、知って驚いた。納車後にどんな点に驚くことになるのか、楽しみなような不安なような。

5年落ちということで、以前なら候補から除外していたところだけど、サンバー(18年落ち)、ロードスター(12年落ち)と中古を買って、状態が良ければ古さは気にならなくなった。

ちなみにCMの動画に「これがウリ」的に登場するグリップコントロールシステムは,ETG5のモデルには非搭載だそうな。

ドキドキ納車編につづく。





posted by ソウヘイ at 08:09| Comment(0) |

2019年08月14日

iPad第6世代 Wi-Fi 32GB購入

仕事の都合でやむを得ずiPadを買った。早朝から深夜まで電話があれば直ちに対応する必要があり,たいしたことをするわけではないけれど,休日であっても出先に常にMacBookPro15インチを持ち歩いていた。

さすがにこれでは大変なので,一番安いiPad(第6世代,9.7インチ,Wi-Fi,32GBモデル)を購入した次第。

せっかく自腹で買うのだからと,面白そうなアップルペンシル(第1世代)も合わせて買ってみた。

とりあえず仕事で使うアプリだけ最低限セットアップして,早速持ち歩いている。当たり前だけどMacBookPro15インチの2kgに対して,iPadは469gなので四分の一。この差は大きい。

気がつけばMacBookPro,iPhone,iPadとすっかりアップル製品に染まってしまった。仕事はWindows,プライベートはMacと分けていたんだけどなぁ。ちょっと崩れた。

ペンシルはちょっと使ってみたところ,結構良いフィーリング。いわゆる従来のタッチペン(スタイラスペン)なんかとは別格の精度で書(描)ける。まあ絵描きではないので,活用法はこれから考えていきたい。



タグ:iPad
posted by ソウヘイ at 22:13| Comment(0) | パソコン・インターネット