2014年06月23日

アマチュア無線その後(All Asian DX CWコンテスト3回目)

初のDX交信をしたAA CWコンテスト(規約)も3回目の参加。今回はFT-100Dの免許を下ろしたので、その試運転を兼ねてやってみた。

アンテナはベランダに仮設したモービルホイップ(RHM5)。このアンテナは耐入力が20Wなので、FT-817のときは問題がないけれど、FT-100Dではパワーを絞る必要がある。そもそも頂いた電源が8Aなので、20Wくらいが限度のようだ。試しに25W設定にしたら送信のたびに液晶のバックライトが暗くなった。

また、オートアンテナチューナーのZ-817も、名前の通りFT-817専用(10Wまで)ということで使えず。モービルホイップは一応チューナーなしでも21MHzはSWRが下がっているので、チューナーなしで。

で、1日目の9時半ころからワッチを開始するが、どうもコンディションが良くない。21MHzはこの時期なら午前中は北米やオーストラリアが聞こえそうなものだが、まったく入感せず。聞こえるのは中国やロシア。あとは国内の局のCQ。このコンテストは国内局同士の交信は得点にならない。

ということで、弱い信号をFT-100DとFT-817をつなぎ替えながら受信してみたところ、受信性能自体はFT-817の方が良さそうな感じ。同じ信号の強さなら、Sメーターで3つ分くらいFT-817の方が振れる。ただ、バックグラウンドノイズが大きいときは、FT-100Dの方が聞きやすい。FT-100DもFT-817もオプションの300Hzメカニカルフィルターを入れた状態の比較。FT-100Dはデフォルトで500Hzのフィルターもついているので、これも良い感じ。DSPはあんまり使い所がないかなぁ。国内コンテストの7MHz CWとかなら良いのかも。

とにかくぜんぜん聞こえないので、交信数は伸びなかったけれど、そんな中でもハイライトとしては、1日目の21時頃に、フィンランド(OH)が聞こえてきて、呼んだら何度かNR?は返ってきたものの、交信できた。ヨーロッパとの交信はまだCFMされたものがないので、なかなか嬉しかった。FT-817ではいくら強くヨーロッパが聞こえていても、まったく届かなかったので、20WにQROした効果があったように思う。

終わってみたら交信は8局。昨年は15局だったので、半分くらい。ローカルのOMさんも今回はコンディションが悪かったとおっしゃっていた。

aacw.jpglotw.jpg

【過去のAll Asian DX CWコンテストの様子】
2013年2012年
posted by ソウヘイ at 20:25| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: