2014年07月07日

アマチュア無線その後(6m and Downコンテスト3回目)

少し標高の高いところに移動することで、QRPでもけっこう楽しめるのが6m and Downコンテスト。

今回もいつもの移動運用場所(奥日立きららの里の駐車場(標高422m))に登って,ローカルのOMさんにアンテナをお借りして参加した。

アンテナは430MHz5エレメントと144MHz3エレメントのくっついた2バンド八木アンテナと,モービルホイップ,さらに50MHzのツェップをお借りしたのでいろいろつなぎ変えながら。

6d2014_1.jpg

とにかく144/430MHz帯のCWはノイズもなくバンドが広いのでQRMもなくて聞きやすい。そして上記のアンテナを使えばQRPでも聞こえている局にはほぼ届く感じ。

二日目の朝9時からセッティングをして,10時から14時頃まで、お昼の1時間ほどの休憩を挟んで3時間ほどはできたかな。

今回はかんなさんと一緒に呼び回り。CFV,CFWと連続してコールすると,だいたいしばらく沈黙があって,あぁ,混乱させてしまっているな,という感じで心苦しい。B4... SRI JH1CFW...(交信済みだよ!・・・と思ったけど違ったゴメン)と打たれたこともあった。

午後に430MHzでCQを出したところ,2局から応答があった。ずっとCQを出し続ければもっと稼げるのはわかっているのだが,相手のコールサインを聞き取ってすぐにパドルで打ち返すのはものすごく集中力が必要なので,すぐに疲れてしまう。 ちなみに今回私はメモリーキーヤーは使わず,すべてベガリSimplexで手打ち。かんなさんはメモリーキーヤーを使った。

6d2014_2.jpg

Freq.  Point Multi
------------------------
50MHz   5   3
144MHz  18   8
430MHz  11   6
------------------------
Total   34   17
Score  578

マルチ
50MHz 埼玉,茨城,栃木
144MHz 長野,東京,千葉,埼玉,茨城,栃木,群馬,山梨
430MHz 福島,東京,千葉,埼玉,茨城,栃木

【過去の6m and Downコンテストの様子】
2013年2012年
posted by ソウヘイ at 19:54| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: