2014年08月10日

夏休みの工作 猫型オカリナ<成形編>

長らくお世話になっているギター教室のつながりで、オカリナアートJOYさんのところにオカリナを作りに行くことになった。

普通の形のオカリナでも、自分の手に合わせて一点もので作れるならそれはもちろん素晴らしいことだけれど、今回はせっかく粘土をこねるところからやらせてもらうということで、猫型オカリナ作りに挑戦した。

オカリナは、つまるところヘルムホルツ共鳴器なので、音の高さは空洞の容積と、指穴を含めた開口部の面積の総和で決まる。したがって管の形や指穴の位置は比較的自由に変えられるのだ。これは他の楽器にはない面白い点だと思う。

先生が重さを量って、粘土の分量を決めてくれて、あとはモデル(にゃんこ先生のぬいぐるみ)をイメージしながら形を作っていく。

ocarina01.jpg
ocarina02.jpg

中の空洞はどうやって作るのかと不思議だったが、形を作ってから細いピアノ線で粘土を真っ二つにして、内部をくり抜いて指穴を開けたあと元通り貼り合わせる。このときに継ぎ目を目立たないように仕上げるので、完成品を見ても作り方がわからなかったのだ。

ocarina03.jpg
ocarina04.jpg

歌口の部分は素人が作ると音が出ないので、先生に加工してもらい、それ以外の部分(形作り、くり抜き、指穴穴開け、貼り合わせ)は自分の手でやらせてもらうことができた。

ocarina05.jpg
ocarina06.jpg
ocarina07.jpg

乾燥して窯で焼くところや、調律については先生にお任せ。自由な形状の場合は普通のオカリナよりも指穴などの制限で音域が狭くなるかもしれないよ、と事前に言われていたけれど、出来上がったものは12穴でA2からF4まで出せる標準的なアルトC菅と同じ音域となっていた。先生が頑張って調整してくれたようで、感謝である。

ちなみにかんなさんが作った方はG管で、こちらも一般的なG管と同じ音域が出せる。

塗装仕上げ編につづく>

参考リンク:かんなさんのオカリナ製作レポートにゃんこーず:猫オカリナ作成 その1
posted by ソウヘイ at 18:57| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: