2014年09月15日

アマチュア無線その後(XPO記念コンテスト2014)

XPO記念コンテスト(規約)への参加は3回目。

フィールドデーのときに調整した14MHzのダイポール(DP)アンテナをもう少し試してみたかったのと,ローカルのOMさんに同じく14MHzのダブルバズーカアンテナを頂いたので,そのテストも兼ねて。

xpo2014_2.jpg

大げさな名前のダブルバズーカアンテナは,原理はよくわからないが検索すると帯域幅がDPよりも広いのが特長なのかな。CWメインでやっていると,DPでも充分に広いような気がするけど。

というわけでいつものかんなさんの実家に移動して,ベランダからDPとダブルバズーカを張ってワッチを開始。

ダブルバズーカはOMさんが計算値で作成したままで未調整だったけれど,FT-817の簡易SWRメータで4コマくらい。SWR=1.5くらいかな。チューナ(Z-817)を使って同調させて,6エリアがS8で聞こえたので呼んだら一発コピーしてもらえた。

ふむふむ,と思いつつDPに切り替えて同じ局をワッチしたところ,SメーターでS9〜S+くらい振っている。DPはフィールドデーのときにチューナーなしでもSWRが完全に下がるように調整済みなので,その差かもしれない。

結局ダブルバズーカのエレメント長の調整まではやらなかった。なんとなくDPで充分という気がしたので。人によっては良く飛ぶと絶賛のDBだけど,実際どうなんでしょう。SSBとかだとまた違うのかもしれない。

コンテストの方は14MHzのDPで聞こえる局は全部呼んでも7局くらい。6エリアが比較的開けていて,8がQSBでなんとかという感じ。

7MHzのDPも張ってみたら,こちらは14MHzとは比べ物にならない混雑。でも全国的に開けているわけではなく,聞こえるのは1,2,3,7エリアだけ。

結果は10時から13時頃までの運用で,22QSOだった。14MHzでCQを5分間ほど出してみたけれど,応答はなし。

14MHzはQRMもなくて聞きやすいし,DPのエレメントも短くて張ったり撤収したりが楽で良い。これからもまずは14MHzを張ってしまいそう。

xpo2014_1.jpg

Freq.  Point Multi  QSO
----------------------------------------
7MHz   14  9  14
14MHz   8   7   8
----------------------------------------
Total   22   16
Score  22 x 16 = 352

マルチ
7MHz:秋田,宮城,東京,埼玉,茨城,静岡,愛知,大阪,兵庫

14MHz:空知,石狩,茨城,広島,長崎,熊本,鹿児島

【参考リンク】
過去のXPO記念コンテストの様子:2013年2012年
posted by ソウヘイ at 17:06| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: