2015年02月23日

アマチュア無線(ARRL International DX CWコンテスト2015)

ARRLのInternational DXコンテストのCW部門(規約)への参加は2回目。昨年はQRP部門で日本最下位(25局中)だった。

やはりパワーもない,アンテナもない(モービルホイップ)ではかなり厳しい。今回はせめてパワーだけでも,ということでFT-100D(100W)で参加。

ベランダに仮設するモービルホイップは,いつものRHM5だと20Wまでしか使えないので,21MHzモノバンドのモービルホイップ(CHS-21; 長さ96cm)を新調した。チューナーはないので,エレメント長を頑張って調整。一番短くしてもまだSWRが落ち切らないので,金鋸で1cmほどエレメントを切った。これでFT-100のSWRメーターで1〜2コマ。

21mhz_whip.jpg

北米とはこの時期,7:00頃から12:00JST頃に21MHzでよく交信できるようだ。モービルホイップでも100Wで呼ぶと,聞こえている局にはパイルになってさえいなければほぼ一発でコピーしてもらえた。カスカスの局だとかなり厳しいけれど,FT-817で5Wのときと比べるとずいぶん楽。QRPでは西海岸としか交信できなかったのが,100Wでは中部の州あたりまではけっこう交信できた。東海岸はモービルホイップではそもそも入感すらしない。唯一ペンシルベニア州が聞こえて,何度もミスコピーされたがなんとか交信できた(と思う)。

結果としては2日間(どちらも午前中だけ)で,64交信と,これまで参加した国内も含めたコンテストでは一番交信数が多くなった。まあローパワー部門だとぜんぜんたいしたことのないスコアではあるけれど,ベランダに立てた1メートル弱のアンテナでアメリカ本土とこんなに交信できるというのはすごいことだと思う。

arrl_dx_cw2015.jpg


posted by ソウヘイ at 21:10| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: