2015年10月10日

ミステリ読了 サイタ×サイタ

「サイタ×サイタ」(森博嗣)を読了。Kindle版。

Xシリーズ5作目かな。自らの過去作品も含めた「ミステリとはこうあるべし」的な考えをあえて覆す、という狙いのシリーズなのかも。Amazonの評価は散々だけど、この独特のユルさはこれはこれで心地良い。

「そうやって考える人は、登場人物ほぼ全員をつぎつぎに疑うんだ。誰か出てくるたびに、この人が犯人じゃないか、もしかしてこの人かなって……」


「それで、最後に犯人が明かされると、自分が考えたとおりだったって思う。なんだ、初めからわかっていたよってなるんだね」



posted by ソウヘイ at 19:10| Comment(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: