2015年12月15日

SF本再読 ひとりっ子

「ひとりっ子」(G.イーガン)を再読。Kindle版。

イーガン作品のKindle化されたものを着々と買っている。宇宙消失と万物理論はまだかな。

ひとりっ子はルミナスの冒頭とかはけっこう好きな感じだけど、全体的に難解というか読み進めづらい感じはする。

オラクルからひとりっ子へのつながりも、訳者解説を読んでみればなるほど、と思うけれど、別々に読んだらそれほどでもないような気もするし。


posted by ソウヘイ at 23:03| Comment(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: