2016年09月03日

サンバーバンクラシックその後(真夏を乗り切って)

通勤用に中古のサンバーバンクラシック(KV3, 1998年式)を購入して9ヶ月になる。走行距離は6.9万キロ。

買ったのは12月だったので,エアコンをがんがん使う真夏を越えられるのか,心配だった。

エアコンの効きとしては,冷風は出てくるんだけど,炎天下で広い車内全体を冷やすにはちょっと不足かなぁ。運転している分には体に冷風を当てれば大丈夫。ただしお尻と背中が蒸れる。

蒸れ防止という数百円のメッシュ状のクッションを敷いてみたけれど,あまり変わらず。サンバーはリアエンジンなのでお尻の下にはエンジンがないんだけど,ラジエータなどが暑いのか。それとも軽貨物のビニール張りのシートが蒸れるのか。

あとエアコンをつけるとただでさえパワーがないのに,さらにパワーを搾り取られてしまって加速がしんどい。一応アクセルを踏み込むとエアコンのリレーが切れる仕組みにはなっているけれど,やっぱりキツい。動画はエアコンONで必死に加速している様子。



エアコンON時はさぞ燃費が悪化するだろうな,と思ったけれど,ほぼつけっぱなしの一番悪い時でも11km/L以上は走った。だいたい15%くらいは悪化しているけれど,このくらいなら許容範囲かな。

広い窓の目隠しには、布を買ってきてカーテンを自作した。車内にカーテンレールなどを取り付けられる場所はないけれど、鉄板むき出しのところや、内張りにも磁石が付くところが多いので、マグネットのフックや、カーテンの中に100均で買ったネオジム磁石を仕込んでいる。

 sambar20160903.jpg IMG_3110 _w500.JPG IMG_3095 _w500.JPG

木陰に停めて窓を開けて荷室でくつろぐなんていう使い方ができるのがサンバーの楽しいところ。キャンプとか車中泊とか、本格的なのはちょっとハードルが高いけれど、コンビニでお弁当を買って、景色の良いところに停めて車内で食べる、なんていうお手軽レジャーが楽しい今日この頃。





タグ:DIY サンバー
posted by ソウヘイ at 16:42| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: