2016年11月12日

アマチュア無線(開局から5年経過)

3アマの従事者免許を取ってハンディ機のVX-7で開局してから丸5年になる。局免許の更新は電子申請で済ませた。

この一年は、セカンドカーとして中古車のサンバーバン クラシック(平成10年式)を買ってFMの無線機を取り付けたり、移動運用のやり方を探ったりしたのが主な活動だったかな。

固定局の活動はさっぱりダメだった、というくらい低調。というのもベランダの仮設モービルホイップで狙えるDX交信が、ハイバンドのコンディション(電波伝搬)が悪すぎてぜんぜんできなかったことが大きい。

うちのような弱小設備でも、せめて聞こえればワッチする楽しみもあるけれど、まったく聞こえないのでは戦いようがない。コンディションはこのままもう次のサイクル25までは低迷するのだとすると、モチベーションの維持が難しいかも。

JT65も今年はぜんぜんやらず。免許局が少ないうちはモービルホイップに5Wでもけっこう楽しめたけれど、大きなアンテナとハイパワーな局が多数参入してしまって、結局他のモードと同じく設備・パワー勝負になってしまいつまらなくなった。当サイトの被検索履歴でもJT65関係が一番多いので、実際多くの方が免許を下ろしているんだと思う。

最初はちゃんと相手よりもローパワーが美徳という風潮があったと思うけれど、日本で「パワーは5Wまでで」なんて言っても誰も守らないよなぁ。あと、パソコンでポチポチやるだけ、というのはスキルの磨きようもないのでCWと比べると飽きやすいと思う。

サンバーの移動運用は最初は試行錯誤だったけれど、ポータブルバッテリなども買って、少なくともUHF(430MHz)の運用方法は確立できた感じ。HFはモービルホイップやダイポールも試してみたけれど、コンディションの悪さもあってイマイチ。せめて20Wくらい出せれば…。と思うことも多いけれど、そうすると電源の確保やリグの手当てなど課題が多い。まあ移動はQRPで日頃の気分転換を兼ねてのんびりやるくらいがちょうどいいかもしれない。

ということで、移動運用が多かったために第2常置場所のFT-1021Xはほとんど出番がなかった(ALL JAのみ)。今後この機械もスプリアス規制で使えなくなるのだろうか。

JARLの主要コンテストは、QSOパーティALL JAALL ASIAN DX(CW)6m and DownField dayには参加してログを送った。全市全郡は資格試験と重なって出られなかった。

昨年の全市全郡以降の一年間の交信数は、国内217QSO、DXが102QSOの合計319QSOだった。お正月のQSOパーティのFM以外はすべてCW。

QSO2016.jpg

LoTWのDXCCは昨年から7エンティティ増えて、42エンティティとなった。QSL数は302。Newはいずれも過去の交信が最近アップロードされたもので、今年ゲットできたNewはたぶんなかったと思う。サイクル25までなんとかモチベーションを維持して、100エンティティを狙えるだろうか。できればアフリカとも交信してみたい。

lotw201601.jpglotw201602.jpg

アマチュア無線の活動ではないけれど,かんなさんが一陸技の免許を取った。ご存知ない方のために書くと,一陸技(一級陸上無線技術士)は無線設備の技術操作に関して最高の資格であり,基幹放送局の無線機操作をするために必要な業務独占資格となっている。無線を始めて5年にして,奥様の方が上級資格保持者となった。

【参考記事】
従免許取得から4年経過
従免許取得から3年経過
従免許取得から2年経過
従免許取得から1年経過
posted by ソウヘイ at 16:10| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: