2017年05月21日

次期通勤用中古車選び(1.序章)

2015年末に買った中古のサンバーバンクラシック(1998年式,KV3)は、1年半ほど乗ってきて、真冬の低温時以外は好調で、できるところは自分で整備の真似事をしたりして愛着もわいてきた。

IMG_3546_w500.JPG

また、わずか40psの非力なエンジンを、マニュアルトランスミッション(MT)を駆使して走らせるのは本当に楽しい。

後席をたたみっぱなしにしてあるので、荷室は広大で移動用の無線シャックとしての機能も申し分ない。

一方で、フルキャブの旧規格車は衝突安全性が皆無で、エアバッグもない上、ホイールベースが短く車高が高いためにフラフラと安定性が悪く、運転中は下道であっても常に死と隣り合わせの恐怖感がある。

さらに、これはポロと乗り比べてわかったことだけど、サンバーは最近の軽と比べても一回り小さく車格ヒエラルキーでは最底辺のクルマなので、よく割り込まれるし、直前で飛び出される。こっちは衝突が怖いから車間距離を長めに取っているので余計にそうなのかもしれないけれど、ポロよりも割り込まれる頻度が明らかに高い。もし衝突すればより大きなダメージを受けるのはこちらなので、恐怖である。

そんなわけで、MTの運転にも慣れて楽しさもわかってきたので、もう少し安全で楽しい笑える車に乗り換えるのもありかな、と思いはじめた。

さらにさらに、「魂の駆動体」というSF小説を17年ぶりに再読して、オープンカーに乗りたいという気持ちが再燃。一生に一度くらいオープンカーを所有してみてもいいのでは?

tamashiinokudotai.jpeg

2.NDロードスターRFに試乗に続く】
posted by ソウヘイ at 07:54| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: