2017年06月02日

次期通勤用中古車選び(3.中古のロードスター選びを開始)

1.序章
2.NDロードスターRFに試乗
からの続き。

現行のNDロードスターを試乗して、確かに素晴らしいことはわかったけれど、さすがにお高い。2シーターオープンを買うとしたらあくまでもセカンドカーなので、予算は頑張っても乗り出し100万円くらい。

そんなわけでゴールデンウィークは中古のロードスターの情報を調べて過ごした。

まずは基礎知識として、ロードスターの歴代モデルの勉強。NA型という初代がリトラクタブルヘッドライトというのは知っていたけれど、知識としてはその程度。

予算の中で狙うとしたら、2代目のNB型の後期で程度の良いものか、3代目のNC型のマイナーチェンジ前の初期型になりそう。というあたりまで調べて、車で片道3時間かかるロードスター専門を謳う中古車店へ。

できれば試乗をしてみたかったけれど、車検残ありの物件であっても、保険の問題があるのでと試乗は断られた。購入をほぼ決めて、最後の確認に、というなら考えます、とのこと。中古車の選び方みたいなのを読むとたいてい「試乗をしましょう」と書いてあるけれど、具体的にどうすればいいんだろう。

ただ、NA、NB、NCとそれぞれ運転席に座らせてもらい、幌の開け閉めやエンジンをかけたりしていろいろと説明してもらうことはできた。その印象では、
・NAはさすがにポンコツ感がある。
・NBは綺麗な物件は違和感なし。ただちょっと視界は狭いかも。
・NCは普通に今時のクルマ感があり、視界なども違和感が小さい。

という感じ。NAは一番新しくても20年落ちで、ノーマルに近い状態の良いタマが少なくプレミアムがついていて、程度の割に高く感じた。NBとNCはどちらも良さがあり、決定的にどちらが良い、とは言い切れない感じ。

CIMG2454_w500.JPG
CIMG2460_w500.JPG

NBにはサンバーに近いアナログ感(ワイヤースロットルなど)や軽快さ、踏んで回して走る高揚感が期待できる一方で、5万キロ以下の程度の良い個体はNA同様プレミアムがつきはじめていて割高だし、維持にもそれなりにお金がかかりそう。

NCは高年式の安心感や余裕のパワー、ユーティリティの快適さがあるものの、下道では速すぎて「踏めないもどかしさ」みないなものを感じるんじゃないか、という不安がある。ただ、その点は同じ2000ccのNDRFを試乗して低速でも充分楽しそうだったので、NCでも似た感覚じゃないかと期待。

NCにはRHTという電動ハードトップのモデルがあり、うちは青空駐車なので最初はこれが良いのかなと漠然と考えていた。しかし、ディーラーや中古車ショップで話を聞いたところ、幌でもそれほど神経質になる必要もないとのこと。いざとなれば幌は張り替えることもできるし、RHTだって故障のリスクがある。また、同条件でRHTだと+20万円が相場だし、MTのタマが少ない。ということで幌でも良いかな、と思った次第。

そうするとますますNBとNC幌で迷うことになる。gooやカーセンサーで検索しまくって、取りに行ける範囲のお店のNB、NCであまりいじっておらずキレイな見た目の物件をピックアップして横並びで比較したりしているうちに、ゴールデンウィークはあっという間に終わってしまった。

roadsterselect_w500.jpg

4.迷った末に方針決定に続く】
posted by ソウヘイ at 20:13| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: