2017年06月10日

次期通勤用中古車選び(5.候補車の確認と決断)

1.序章
2.NDロードスターRFに試乗
3.中古のロードスター選びを開始
4.迷った末に方針決定
からの続き。

いろいろと悩んだ末に,最初のマツダディーラーの営業さんが送ってくれたNC初期型(NC1幌)を候補として,現車確認へ。

ncroadsterrs_w550.jpg
【マツダ ロードスター RS 6MT】
2006年(H18)式
車検なし
4.8万km
車両:119.8万円
総額:132.3万円

RSはスポーツグレードで、元々装備が豪華。さらにこの個体は購入時のオーナーがオプションを奢っていて,ラグジュアリーなVSの装備を合体させたような仕様になっている。RSではオプションの革シートやクロスの幌,フォグランプが付いており,ブレーキのキャリパーが赤く塗られている(これはカッコ良いのか??)。BOSEオーディオやETC,バーグラアラーム(セキュリティ)も完備。

車高がなんだかノーマルより低い気がしたので聞いてみたところ、サービス出身の営業さんが足元を覗き込んで,ダンパーはRS純正のビルシュタインだけど、スプリングがローダウンのもの(アイバッハ?)に替えられているとのこと。シャコタンは好きではないけれど、まあ言われないとわからない程度の下げ方なので、気にしないことにする。あとで自分でも覗いてみたけれど,スプリングの銘柄まではわからず。

IMG_4142_w500.JPG

外装は年式の割にはキレイ。ドアに小さなヘコみがあるくらい。たぶん駐車場で隣の車にドアパンチされたもの。

気になっていた幌の経年は、定番の接着剤のシミはあるものの、窓に当たる部分の劣化は心配なさそう。大雨が降った翌日だったけれど、車内への雨漏りもなし。ただ、稼働はかなり渋くというか重くなっていて、給脂でどの程度改善するか。

IMG_4143_w500.JPG

内装はフロアマットが社外品でちょっとセンスが合わないかなぁ。電装品の動作は問題なさそう。ETCはグローブボックス内にセットアップ済み。

試乗はできないので、エンジンをかけて少し空ぶかしする程度。空ぶかしのレスポンスは電スロなのでやや遅れがある。具体的にはアイドリングからちょん、と踏んだとき、回転数の立ち上がりがワンテンポ遅れる感じ。NDと同じくらいか。空ぶかしのレスポンスは完全機械式のサンバーが最高。いまどきはみんな電スロだから慣れるしかないとは思うけど。

IMG_4148_w500.JPG

サンバーの下取り査定をしてもらっている間に、再度NDRFの試乗。NCとの違いを意識しながら、と言ってもなかなか難しい。座った感じNDの方がタイトで、これはレカロシートだったせいもあるかな。低いギアでちょっと引っ張るとあっという間に法定速度なので、アクセルベタ踏みなんてシチュエーションはほとんどなさそう。言うまでもなく全開加速したサンバーよりも全然速い。

NDに試乗しながら、NCに乗った感触を想像するというのは実際無理で、営業さんもそれは難しいでしょうねと笑っていた。それだけNCとNDでは別物ということみたい。

サンバーの具体的な査定価格を書くのは差し控えるけれど、買取店で出してもらったのと同額にしてもらえた。もしかしたら二足三文どころか廃車費用を取られるかも、と思っていたので嬉しい誤算。19年落ちで値段が付くのはすごいです、と言ってもらえた。サンバーは荷物がたくさん積めるだけでなく、クルマの楽しさを教えてくれるし、メカニズムの勉強には最適の教材なので、ぜひまだまだ現役で頑張ってほしい。

ということで試乗はできなかったけれど、このNC1を購入することに決定。決め手としては有料で12年の新車延長保証が継承できるとわかったこと。他の中古車店だと保証は無しか、せいぜい1ヶ月1000kmだったりするけれど、ディーラーなら残り1年間距離無制限で保証してもらえるということで、多少なりとも安心感がある。

IMG_4144_w500.JPG

6.NCロードスター納車待ちに続く】
posted by ソウヘイ at 19:28| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: