2017年06月21日

ロードスターNC1その後(納車後一週間,アマチュア無線アンテナ設置)

通勤用の中古車をサンバー(KV3)からロードスター(NC1)に乗り換えて一週間経った。

IMG_4252_w550.JPG

ギリギリ梅雨入り前の納車だったので,会社の帰りに何度かオープンで走ることができた。気分を仕事からオフに切り替えるトリガとしては良い感じ。ただオープンにするのはちょっと照れ臭さがある。本当は会社の駐車場を出て少し離れたところでオープンにできれば良いんだけど,ちょうどいい場所がない。こういうときはRHTだったら良かったのかも。

納車後すぐ満タンにして,304.7km走って給油したら30.0L入った。燃費は10.2km/Lほど。ハイオクなのでもう少し走ってくれると助かるけれど,スポーツカーで通勤メインなのでこんなものかも。

さて、NCロードスターでアマチュア無線を楽しむにあたり、どうやって楽しむにしても必要になるのが、アンテナ基台の設置と同軸ケーブルの引き込み。

美観を損ねないために、アンテナをシート裏にステルスで設置したり、純正ラジオアンテナとトレードできる基台をワンオフで製作したりと、皆さん苦労されている。というかロードスターでアマチュア無線やっていてネットに情報を上げている人が少ない。

私は安直にトランクに基台を設置することにした。ただ、けっこう大変なのが同軸ケーブルの引き込み。NCロードスターのトランクと車室の間には幌の収納スペースがあって、同軸はこの下を通さなくてはいけない。

IMG_4227_w500.JPG

IMG_4216_w500.JPG

トランクと助手席裏の内張りの剥がし方はネットで検索すると出てくるのでそれを参考に。クリップは精密ドライバ(マイナス)で中央のピンを浮かせると簡単に外せる。

DSC_0164_w275.JPGDSC_0166_W275.JPG

内張りを剥がした後は、トランク側のリアサスアッパーマウントの横から同軸を伸ばして、助手席側から受け取ってもらう。このとき、既設のケーブル類が邪魔でなかなか通らないので、手探りしたり懐中電灯で照らしながらゴニョゴニョやると通すことができる。ある程度硬さのあるケーブルの方が作業しやすいかも。

IMG_4222_w550.JPG

IMG_4223_W550.JPG

電源はヒューズから分岐して、スカッフプレート(上に引っ張ると外れる)の下を通して、同じく助手席裏に持ってくる。

IMG_4224_w500.JPG

IMG_4225_w500.JPG

これで一応無線機は動かせるようになった。今のところリグの設置場所がないけれど、パネル分離型のリグを使えば、本体を助手席下に固定して、パネルだけ手の届くところに固定すれば良い感じかも。FT-817はコンパクトだけどパネル分離はできないので、センタートンネルの助手席側に吊っておくことにした。当面はこれで様子を見ることにしたい。マイクの置き場所もサンバーなら金具をガンガンネジ止めできたけれど、なんとなくロードスターでは穴を開けるのがためらわれる。良い方法はないかな。

IMG_4226_w500.JPG

IMG_4240_w500.JPG
posted by ソウヘイ at 19:39| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: