2017年06月25日

アマチュア無線(ALL ASIAN DXコンテストCW 2017)

AA CW(規約)への参加は6回目。

ロードスターで最低限無線をする環境を整えたので、そのテストとドライブを兼ねて、標高780mのプラトーさとみまで出かけてみた。

誰もいない第2駐車場で14MHzのダイポールを張る。ポールが短いけれど、コストも重量も軽いお手軽移動運用なので。

DSC_0186_w500.JPG

DSC_0191_w500.JPG

ワッチをはじめてみたけれど、DXは韓国、フィリピンが数局聞こえるのみ。国内はかなり入っているけれど、このコンテストは国内同士の交信はスコアにならない。

で、S8くらいで振っている局を呼んでみるものの、呼べども呼べども届かない。”?”すら返ってこず、完全にスルー。アンテナのSWRは完全に下がっているし、単純に飛んでいないみたい。2時間ほど粘ったけれど0交信。

やはりこのCondxならもっと良いアンテナにするか、パワーアップするしかないのかなぁ。

まあロードスターでもなんとか移動運用はできそうだ、という予行演習にはなったので良いことにする。

IMG_4256_w500.JPG

2日目はいつものベランダに仮設した21MHzのモービルホイップ+FT100Dで再チャレンジ。パワーは80Wまで上げた。

Condxは相変わらずで、聞こえるのは韓国とフィリピン、あとはアジアロシアがちょこちょこ。

パイルになっていると厳しいけれど、s4くらいの強さで聞こえていれば、なんとか届く感じ。とにかく聞こえる局が少なくて、フィリピンなんかは大人気だった。

飛びをチェックするために、少しCQを出してみたけれど、カスカスで呼ばれて結局取れず。受けと飛びのバランスは重要だなぁ。

で、CQを出していたら急にSWRが上がってしまい、最初は隙間ケーブルが悪いのかと思ったけれど、どうやらリグ側の短い同軸ケーブルが接触不良みたい。これを曲げ伸ばししたらHi-SWRになったり、下がったりする。リグ内蔵のnケーブルなので交換はできない。

もともとローカルのOMさんから、調子が悪いけど良ければあげるよと譲ってもらった機械なので、いろいろと厳しい。50MHzもSWRが落ちず、Eスポの交信もできないし。

車用に50Wのリグも欲しいし、固定のリグも調子が悪いし、車を買ったばかりでお金はないんだけど、どうしたものか…。

オールアジアは夕方までやって、なんとか6局。マルチは韓国、フィリピン、アジアロシア。Newエンティティがゲットできるのはいつの日か...。

【過去のAll Asian DX CWコンテストの様子】
2016年2015年2014年2013年2012年
posted by ソウヘイ at 19:04| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: