2017年07月01日

ロードスターNC1(1ヶ月経過)

通勤用の中古車をサンバーからロードスター(2006年式NC1)に乗り換えて1ヶ月経った。1000キロほど走って、走行距離は4.9万キロ。

APC_0039_w500.jpg

1ヶ月点検までに悪いところがあればチェックしておきたいけれど、今のところ不具合らしい不具合はなさそう。

まだ慣れないのは発進と駐車。発進はどうしてもアクセルのレスポンスの悪さ、特にアイドリングからちょっと踏んだ時の遅れのせいでギクシャクしてしまう。平坦路なら、ブレーキから足を離して、クラッチをゆっくり戻していけばアイドリングのまま発進できるんだけど、サイドを引くほどではないような登り勾配とか、タイミングを合わせてスッと出たいような場面が難しい。ガバっと踏むのもなんだし。何度かエンストしてしまったこともある。

IMG_4195_w500.JPG

シフトアップ時もクラッチをつなぐとき、遅れの分だけ気持ち早めにアクセルを踏んでやると、シフトショックを少なくできる感じ。

駐車はフェンダーの張り出しのせいで後輪の位置が見えないし、自車が白線に対してまっすぐになっているのかの判断が難しい。こんなもんだろう、と駐めるとだいたい斜めになっていたり、左右に偏っている。これもそのうち慣れるのかな。



街乗りだととにかく常に速度を抑えるように意識している。ちょっと引っ張ると2速で40キロを超えてしまうので、街中だとほとんど踏めない。これは事前に心配していた通り。その代わりオープンにできるので、スピードは出さずにのんびりオープンエアを楽しんでいる。

晴れの日は朝はすでに日差しが強いので開けられないけれど、夕方を過ぎればオープンでちょうどいい感じ。真夏になったら夕方でもキツいのかな。

IMG_4234_w500.JPG

ETCの動作チェックも兼ねて高速道路を走ってみた。ETCのアンテナとドライブレコーダーはすぐ近くだけど、干渉するようなことはなく、正常に反応した。

加速はさすがに素晴らしく、加速車線からの合流も追い越しも楽々。ただ、凹凸でハンドルを取られるような感覚がある。クイックな応答性の裏返しなのか、45の扁平タイヤのせいなのかわからないけれど、そもそもスポーツカーはこんな特性なのかな。100km/h走行時に6速3000rpmくらい回ることもあって、長距離ならポロの方が(遅いけど)疲れないかもしれない。

幌車ということで、雨天時が気になっていたけれど、雨音はバタバタとテントの中にいるような雰囲気で感じられる。雨漏りするわけでもないし、味と考えれば特に不満はない。

IMG_4280_w500.JPG



ところで下取りしてもらったサンバーだけど、中古車情報をワッチしていたらカーセンサーに掲載されているのを発見。自分が買ったときよりもかなり値段が上がっている。年式を考えたら完全にプレミアム価格だけど、私が丁寧に乗ってできるところは整備もして、絶好調なのが評価されたと思うとちょっと嬉しい。ぜひ新しいオーナーの元で末長く働いてほしい。

 20170701.jpg
posted by ソウヘイ at 12:49| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: