2017年11月18日

定点観測 ディズニーシーとホテルミラコスタ2017

結婚記念日恒例のミラコスタは14周年(通算16泊目)になる。

今年は14年目にして初めてテラスルームが予約できた。なのでいつものテルメヴェネツィア(プール)ではなく,部屋とサローネデッラミーコ(専用ラウンジ)で過ごす時間を多めに取る方針とした。

ミラコスタ

部屋はヴェネツィアンサイドのテラスルーム(5F)。長らく続いていたミラコスタの外壁補修工事も終わっており,最良のコンディション。テラスがある他は普通の部屋なのかと思っていたら,窓2面分の広さがあり,ちょっとしたスイートっぽくなっている。テラスも広々していて贅沢な気分が味わえた。

ミラコスタ

天気も良く,アトラクションはアクアトピア(15分待ち)とシンドバッド(5分待ち)。ショーはアウトオブシャドーランド(空席あり)と,予約してあったビッグバンドビートを鑑賞。

カメラは一昨年昨年も書いたけれど,ずっと悩み続けていた。今年も新コンデジを決めきれないままEOS6Dを担いで行くことになるかと思ったけれど,直前にかんなさんが背中を押してくれて,ついに決断。SONYのRX100M3を購入。

IMG_4868_w500.JPG

1型センサ,24-70mmf1.8-f2.8相当というツァイスレンズで,ズーム付きコンデジの中ではなかなか良いスペック。パナの4/3型センサのLX100と迷ったけれど,LX100は生産終了モデルで結局店頭で触ることができず,候補から外れた。店頭で最後までM2と迷ったけれど,M2からM3でレンズが変わっているのと,EVFが決め手になってM3に決定。

いろいろと撮ってみて,さすがに1/2.3型センサのZR200よりはずいぶん良く写るという感想。明るいところで撮るなら「一眼並み」と言えなくもないピシっとさで写るかな。苦手なのはやはり暗所。常用ISO12800と数値上はEOS6Dと同等だけど,とても比較できるような性能ではない。ISO1600以上になるとノイズリダクションをかけまくってどうにか見られる画質にしている感じ。ISO12800はとても耐えられる画質ではないので,オートのISO感度は3200に制限して,高感度NRを弱で使った。

あと,24mmf1.8とか,50mmf2.8という数字で,ついフルサイズ一眼レフのボケ具合をイメージしてしまうんだけど,ぜんぜんボケない。ワイド端で被写体に寄ればそれなりにボケるけど,テレ側がぜんぜんボケてくれず,なんだこりゃ,という感じ。例えば下の写真は30mm相当のf2.5だけど,期待としてはもっとボケて欲しかった。

ディズニーシー


それでも肩は凝らないし,迷った時はオートでそこそこ写ってくれるので,旅行用にはこれで充分かな。欲を言えばこのサイズ・軽さでAPC-C型の3倍ズームくらいを期待したい。GRシリーズとかフジのX70が画質的には良いと思うんだけど,広角寄り(28mm相当)の単焦点では旅行のすべてのシチュエーションをカバーするのが少々辛い。これで50mm,せめて40mm相当の単焦点というカメラが5万円くらいで作れないものか。

ところで購入の決め手のひとつになったEVFだけど,結局まったく使わず。ピーカンだったので確かに液晶は見辛いんだけど,メガネをかけたままだとEVFを覗いても隙間から日光が入り込んでしまってよく見えなかった。一眼並みのアイピースでも付ければ良いんだろうけれど,純正の小さなアイピースではまったくダメ。これならEVFなしのM2でも良かったかも。

デジカメの画質がフィルムを超えたと言われて久しいけれど,撮像素子の性能とソフトの力で,絶対的なセンサの大きさと大口径の光学系の優位を覆すのはまだまだ先のことになりそうだ。ディズニーのパーク内でも「ガチ勢」だけでなくちょっとキレイに写真を撮りたいというファン勢も,軒並みフォーサーズ以上のカメラをぶら下げており,コンデジの限界は皆さん承知している様子であった。

その他の写真(Flickr)
ディズニーシー
SONY DSC RX100M3

【参考記事】
2016年の様子
2015年の様子
2014年の様子
2013年の様子
2012年の様子
2011年の様子
2010年の様子
2009年の様子
2008年の様子
2007年の様子
2006年の様子
2005年の様子
かんなさんのミラコスタウェディングページ
posted by ソウヘイ at 22:01| Comment(0) | 写真
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: