2018年03月09日

NCロードスターその後(真冬を乗り切って)

通勤用の中古車をサンバーからロードスター(2006年式、NC1)に乗り換えて9ヶ月ほど(購入記)。走行距離は5.5万キロ。

北関東の太平洋岸の冬は、「冬晴れ」というくらいで好天が続く。雪は数センチ程度の積雪が2回ほどあった。ロードスターはノーマルタイヤなので、積雪や路面凍結が予想される日は乗らない。

放射冷却のために朝晩の気温はそこそこ下がり、最低気温が氷点下の日が多かった。一番低い日でマイナス5度くらい。

IMG_5127_w500.JPG

サンバーはキャブ車だったのでとにかく低温が苦手で、冬場は相当気を使って暖機してやらないとまともに走れなかった。発進でアクセルを踏むとストールしたり、信号待ちで止まったらアイドリングが下がって止まったり。

そういう面ではECUで制御されたインジェクション車のロードスターは楽。どんなに寒くてもセルで一発始動だし、特別暖機をしなくても普通に走ることができる。ただアイドルアップが通常に戻る中間くらいのタイミングで、アイドリングの回転数がハンチングするような現象が出た。ストールするわけではないし、温まると消える症状なので放置。

温まるまでMTが渋いのはサンバーと共通。特に2速が入りづらくて、ダブルクラッチで入る時もあるけれど、入らないときは相当力づくでやらないとレバーが弾かれる。こんなときは1速で少し引っ張って、2速を飛ばして3速に入れてしまう。

MTの渋さは20分くらいでだいぶマシになるけれど、完全にスコスコ入るまでには1時間くらいはかかる感じ。週末にドライブに行って1時間以上走ると、「こんなにスムーズに入るんだ」と驚くくらい。

ネガティブな書き方になってしまったけれど、この「機械と対話する感覚」こそ、まさにMTを選んだ理由なので、ぜんぜん苦にならない。欲を言えば車幅をもっと狭くして、排気量を3割くらい削ったら、街中でもアクセルを踏めて楽しいんだけど。となるとNDになっちゃうか。

真冬のオープンかーについて。真冬のオープンはどうなんだろうと気になっていたけれど、外から見ているよりもぜんぜん快適。窓を上げてシートヒーターを入れておけば、よほど風の強い日でなければ大丈夫。真夏のオープンは無理だけど、真冬は晴れてさえいれば充分にオープンの気持ちよさを満喫できる。ただ、花粉が飛び始めるとかなり厳しい。3月に入ってからもオープンで走っているけれど、車を降りた後はひどい花粉症の症状に悩まされる。

ビニール幌のモデルだと寒いときは開閉してはいけないそうだけど、クロス幌はちょっと硬くはなるものの、開け閉めは問題なし。

IMG_5288_w500.JPG
posted by ソウヘイ at 23:22| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: