2018年05月02日

映画鑑賞 レディ・プレイヤー1

「レディ・プレイヤー1」を鑑賞。吹き替え版。

公開10日後だったけれど,ファーストデーの15時の回で78席のスクリーンがほぼ満席。ただし90%以上は男性客だったように思う。

原作「ゲームウォーズ」が抜群に面白くて,さらに監督がスピルバーグということで,あとは本作のキモとも言うべき版権関係がどうなるか,だけが心配だった。

蓋を開けてみれば権利関係もかなり頑張ったみたいで,さすがはスピルバーグという感じ。原作とはかなりネタが変わっていたけれど,あの雰囲気は充分に再現されていて,良かったと思う。

原作を読んだときにも書いたけれど,ああいうVR世界はすでにかなりの部分まで技術的には可能になってきていると思うんだけど,なかなか流行らないのは何か根本的に問題があるんだろうか。それとも自分が知らないだけで,かなりの人がすでに始めているとか?MMORPGとかやったことがないので,そういう可能性もあるのかなと。

それにしてもデロリアンがカッコ良かったなぁ。K.I.T.T搭載とかまさに夢のマシン。




参考:映画レディ・プレイヤー1公式サイト
タグ:SF A.クライン
posted by ソウヘイ at 07:19| Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: