2018年05月04日

アマチュア無線(東京コンテスト2018)

東京コンテスト(規約)への参加は2回目。

21,28,50,144MHzが対象の変則的なコンテストということで,最近のハイバンドのコンディションを考えると,高いところに登って144MHzのCWというのが都外局の狙いどころ。

一方でいつも使っている奥ひたちきららの里(標高430m)は,ゴールデンウィーク中は観光客で混雑するので,駐車場が使いづらい。

そんなわけで昨年は条件の悪い(標高の低い)公園の駐車場で参加した。今年はたまたまタイミング良く(?)当日が雨模様だったため,きららの里で運用。観光に来てくださる方の迷惑にならない程度に,控えめに運用するのがアマチュア無線家に求められるマナーだろう。

IMG_5499_w500.jpg
IMG_5498_w500.jpg

144MHzは以前作った自作八木アンテナがあるので使いたかったけれど,設営時は雨で,防水など何も考えていないアンテナだったため,最初はモービルホイップで開始。

モービルホイップでも強く聞こえる局にはなんとか届く感じ。10局ほどやって,お昼を食べているうちに雨もあがった。

IMG_5494_w500.jpg
IMG_5500_w500.jpg

昼からは自作八木アンテナに変更。切り替えながら聞いてみると,モービルホイップでS3くらいの強さの局が,八木だとS8くらいにアップ。モビホではカスカスだった局とも交信できる感じ。3エレでも充分に機能しているみたい。

IMG_5501_w500.jpg

そんな感じで21局と交信。合間にはかんなさんが6局。都内が9マルチ,都外が7マルチと健闘。自作八木アンテナとモービルホイップを比較できたのが収穫。電気的に接続されていない単なるアルミ棒を並べただけで指向性が出るというのが不思議で,こういうのを自作して効果を確かめられるのがアマチュア無線の面白いところ。

【過去の東京コンテスト】
2017年
posted by ソウヘイ at 20:38| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: