2018年06月25日

VWポロその後(車検4回目)

試乗車落ちで買ったポロ9NBUDも登録9年目(4回目)の車検。走行距離は9.1万キロ。通勤にはロードスターを使っており,ポロはかんなさんの日常使いと、人・物を載せるときと、長距離用。

DSC01643_w560.JPG

前回の車検でかなりお金をかけていろいろ直したけれど,今回もタイロッドエンドブーツ切れが見つかって,修理。あとはファンベルトをかんなさんの判断で交換。タイミングベルトはあと2年くらいは大丈夫とのことだったので,今回は見送り。最終見積もりは17.9万円。バッテリーの突然死で交換もあったし、維持費がかかる車である。

代車はゴルフ(2017年式の1.2Lモデル)。新型車を貸してくれるのは良いんだけど,買った頃と比べて応対などディーラーの劣化が感じられてちょっと残念な感じ。古い車に乗り続けるユーザーは良い客ではないんだろうけれど。

DSC01637_w560.JPG

でもせっかくの新型の代車ということで、高速を使って200kmほどドライブ。さすがに高い&新しい車なので,アシスト・サポート機能が満載。デジタルメータのグレードではなかったけれど,レーンキープ,アダプティブクルーズコントロールなどを高速道路で試せた。借りていた間の燃費は16.9km/L。登録後5000キロほどの平均燃費は13km台だった。静粛性は9Nポロと比べても高く、非常に静か。DSGは出始めの頃あったギクシャク感はほとんど感じなくなっている。加速はマイルドで、踏めば必要充分な加速はするものの、以前試乗したツインチャージャーのゴルフなんかと比べると随分おとなしい印象。速さを求めるムキはGTIやRに乗ってね、ということかも。

展示の新型ポロも見たけれど、外観デザインやパっと見の内装はゴルフとほとんど違いがなく、どちらも3ナンバーだし、ロゴを見なければ区別がつかないんじゃないかな。

今後1年くらいかけて,後継車の選定,もしくは10万キロを超えてポロを乗り続けるのか,かんなさんが検討予定。

少し前になるけれど,法事で6人乗車の必要があり、ミニバンのレンタカーを借りた。車種はエスクァイアのコンベンショナル(非ハイブリッド)モデルで、走行2千キロのほぼ新車。

IMG_5587_w560.JPG

高速道路を流す分には視点が高いし、CVTが限界まで回転数を抑えて走るので、そこそこ静かで快適。100km/h時で1500rpmとか。これなら燃費も良いわけだ。350kmほど走った燃費は14.7km/Lだった。

街中を走るとグニャグニャな感じで、だいたい想像通り。運転を楽しもうとか、そういうジャンルの車ではない。たくさん人や荷物を乗せて移動するにはこういうのもアリかとは思う。ドライバーは「運転手」に徹する必要がある。

デザインはあくまでも個人的な好みの問題だけど、あのオラついたフロントグリルは恥ずかしいので、自分では買わないかな。丸目で可愛いデザインのバージョンも出してみたらいいと思うけど。
タグ:ポロ
posted by ソウヘイ at 20:29| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: