2018年09月10日

SF本読了 デボラ、眠っているのか?

「デボラ、眠っているのか?」(森博嗣)を読了。Kindle版。

Wシリーズ4作目。物語も中盤に差し掛かり、ますます続きが楽しみに。

面白い理系ミステリとしてS&Mシリーズを読み始めたとき、まさかその同じ世界の延長でSFが読めるとは想像もしなかった。

ところで半年ほど前から,Kindleの読書は別な2冊をパラで読むようになった。一冊は重め,一冊は比較的軽めな作品を組合せる。何度か書いているけれど,歳とともにヘヴィな内容を読んでいるとメンタルが辛くなるようになって,重い話をひたすら読むのがしんどくなってきた。

そこで少し重い話を読んだら,軽い話に切り替えて,また重い話に戻る,というようにした。これはけっこう効果的。今回で言えば,一冊はウールの3部作(重め),一冊はWシリーズ(軽め)である。仕事で精神的に疲れているときなどは軽めの小説でもキツいときがあるので,寝る前はマンガ(の電書版)を読んだりする。

紙の本を2冊持ち歩くのは大変だけど,Kindleやスマホなら何冊でも持ち歩ける。電子書籍になって可能になった読み方と言えるだろう。

posted by ソウヘイ at 20:35| Comment(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: