2018年12月10日

SF本読了 無常の月

「無常の月 ザ・ベスト・オブ・ラリイ・ニーヴン」(L.ニーヴン)を読了。Kindle版。

Kindleの半額セールで購入。表題作は読んだことがあるはずで,2000年の日記に同名の短編集を買った記録は残っていた。ただ内容はぜんぜん覚えておらず。他にニーヴンだと天使墜落は面白かったという記憶がある。

やっぱり表題作がピカイチかなぁ。異星人が日常に入りこんでいる宇宙モノも,ああ,昔のSFってこんな感じだったよね,という懐かしさがあって良かった。今は安易に人間型異星人やハイパースペースなんて出てくるとファンタジーかスペオペになってしまって,こういう素朴なSFってなくなってしまった感じがする。

【収録作品】
帝国の遺物
中性子星
太陽系辺境空域
無常の月
ホール・マン
終末も遠くない
馬を生け捕れ!

posted by ソウヘイ at 20:56| Comment(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: