2018年12月15日

VWポロその後(9年経過)

9Nポロは購入して9年,走行距離は9.4万キロ。

私は普段ほとんどロードスターに乗っているけれど,久しぶりに100kmほどポロで下道をドライブした。このクルマは本当に挙動が素直でコーナリング,ブレーキなどまったく不安感がない。シートも疲れないし,サイズも日本の道にはちょうど良く,一言で表現すれば「運転しやすい」車だと思う。逆にほとんど無意識に何も考えなくてもちゃんと走るため,「運転する楽しさは感じない」なんて思ってMT車を買うに至ったわけだけど。

DSC_4304_w560.JPG

いくつか国産車を試乗してファーストカーの後継車選びを進めているかんなさんだけど,なかなか決め手がないとのこと。それは私も同感で,少なくとも国産車には条件に合う中で「これに乗りたい」と思わせる魅力のある車がない。輸入車はフィアットなど良さそうなものもあるけれど,ポロで電気系の信頼性の低さや維持費の高さを味わったため,安易に選びづらくなってしまった。

じっくり選んでもらうのはまったく問題ないんだけど,スタッドレスタイヤが6シーズン目ということでゴムは硬化しているし,さすがにマズい感じになってきた。ディーラーだと例によって法外な交換費用になってしまう。そこでかんなさんが人づてに激安タイヤ屋さんを見つけてくれて,ポロのスタッドレスも込み込み4.3万円(純正ホイール付きの旧タイヤ持ち込みの場合)で交換してもらえた。ディーラーの見積もりの半額以下。これで予算が浮いたので,ロードスターのタイヤも更新することができた。

こんな感じでディーラーに頼らず整備や部品交換ができるなら,輸入車もアリかな。ただ,今のところ整備や車検をお願いする,信頼できてディーラーより安いお店を知らないので,なかなか難しい。

ポロはとにかくバッテリーをはじめとする電気系が急所なので,何とか後継車が決まるまで持ちこたえてほしい。特にバッテリー突然死だけはもう勘弁していただきたいところ。

IMG_5715_w560.JPG
タグ:ポロ
posted by ソウヘイ at 22:38| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: