2019年01月26日

資格取得 無線航空従事者試験(ドローン検定) 2級編

3級編からの続き

3級:2018年度7月期試験(第18回) 合格
2級:2018年度9月期試験(第19回) 合格
1級:2018年度1月期試験(第21回) 合格

【ドローン検定2級】
2018年3月に上級のテキストが発売になって,2級の試験はこの上級テキストで勉強することになる。3級合格後にテキストを買って,仕事の合間や休日に勉強。

自分のバックグラウンド(電験三種,基本情報,1アマ)だと,航空気象学はそこそこ勉強が必要な内容だと思ったけれど,電気電子工学や力学なんかは初歩の初歩なので問題なし。無線ではさらに上級資格者のかんなさん(一陸技,一海通,1アマ)ももちろん楽勝...かと思ったらけっこう計算問題でつまずいていらっしゃった。

いずれにしろ80%がボーダーなので,油断は禁物。上級テキストの練習問題を繰り返し解いて,試験前一週間くらいはExcelのRAND関数や,乱数生成サイトを使って,練習問題の1〜156の中からランダムで10問とか,即席の模試を作って解いていた。最初から順番に解いていくだけだと,流れで解けてしまう場合もあるので,ランダムに解くのはけっこう有効だと思う。

当日は早めに会場近くに着いて,お茶を飲みながらかんなさんとテキストの問題をランダムに読み合わせ。

今回は1級の試験もあって,自分たちの会場の受験者は1級が4名,2級が5名,3級が14名,4級が2名で,女性は会場で2級受験のかんなさん1人だけ。

今回も30分で途中退室。自己採点では満点だった。出題の傾向としては,全50問中,標準テキストから10問,上級テキストから37問,そのうちテキストから数値だけ変えた問題が3問。テキストの選択肢を変えた新問が3問という感じ。

新問は以下の3問。
20[Ω]と20[Ω]の抵抗器を並列に接続した場合の合成抵抗を選びなさい。
(1) 5[Ω]
(2) 10[Ω]
(3) 20[Ω]
(4) 100[Ω]

[図1]で示す安全(制限)表面において円錐表面を指す記号を選びなさい。
(1) ア
(2) イ
(3) ウ
(4) エ
※[図1]は標準テキストp129 図40と同じ

小型無人機等飛行禁止法において,対象施設周辺地域の上空における飛行が禁止されているものとして誤っているものを選びなさい。
(1) 離陸重量100gの無人航空機
(2) 有人パラグライダー
(3) 旅客機
(4) 離陸重量200gを超えるクアッドコプター

仮にこの3問と,数値違い問題3門を全部間違えても,合格点は取れる。





1級編に続く
posted by ソウヘイ at 07:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: