2019年02月12日

資格取得 無線航空従事者試験(ドローン検定) 1級編

2級編からの続き

3級:2018年度7月期試験(第18回) 合格
2級:2018年度9月期試験(第19回) 合格
1級:2018年度1月期試験(第21回) 合格

【ドローン検定1級】
2018年11月の第20回は1級の試験がなかったので,2019年1月の第21回にエントリー。エントリーすると,1級試験参考テキストとして,15ページのpdfファイルがダウンロードできる。演習問題は36問しか収録されていないので,標準テキスト,上級テキストからも相当数出題されると想定して,年末からちょっとずつ勉強と復習を開始。

大まかなところは覚えているので,数字が絡むところを重点的に復習。1級の範囲は狭いので、すぐに終わってしまう。

直前はまた乱数サイトなどを活用して、標準テキスト、上級テキスト、1級pdfからランダムに問題を解くやり方で最終確認。

これまで3,2級と受けて余裕が出てきたので,試験当日は開場1時間前に近くのディーラーで車の試乗をしていた。




1級試験は2級受験時と同じ会場で、受験者数は1級7名、2級3名、3級7名、4級2名。女性は1級受験のかんなさん1人だけだった。

30分の途中退室可能のアナウンスから数分遅れで退室。

問題の内訳としては、1級pdfから11問、上級テキストから31問、標準テキストから8問。そのうちテキストの数値違い問題が2問、テキストの範囲内だけど問われ方が違う新問が2問あった。新問は下記。

マルチコプターの静安定が負である場合の説明として正しいものを選びなさい。
(1)姿勢は元の位置に戻ろうとする
(2)振動する
(3)動安定は負である
(4)センサーのゲイン設定が高すぎる


小型無人機等飛行禁止法において、第8条3項の通報に関しての説明として正しいものを選びなさい。
(1)通報は、対象施設周辺地域を管轄する警察署に行うことで事足りる
(2)通報とは、飛行を開始する48時間前までに、110番に電話することである
(3)火災現場での飛行に関しては消防署への通報で事足りる
(4)通報は、管轄の警察庁に行われなければならない


自己採点は1問間違いで、間違えたのは上記静安定性の問題。動安定性は制御も含めた話だと思っていて、仮に重心偏りなどで静安定が負であっても、適切に制御すれば動安定を正にできると考えてしまった。テキストにもセンサのゲインが動安定に影響するみたいな記述もあったし。

いずれにしろ無事に合格できて良かった。ドローン検定は難易度としてはかなり優しい部類で、きちんとテキストの問題を何度か解けば合格できる。

法律の改正などもあって、2019年1月現在、1級向けのテキストは発売されておらず、上述のpdfで勉強することになる。正式なテキスト発売後は範囲が広がって難易度が上がる可能性もあるし、今だったら受験者も少ないので、受けてみるのも面白いと思う。ただし1級を取るには最短4ヶ月の期間と,3〜1級までの合計受験料35,500円がかかる。。

せっかくドローン検定も取ったし、ドローンを飛ばす方もそのうちやってみたい。と思ってトイドローンをひとつ買ってある。ただし操縦はなかなか難しい。最近の高いドローンはほとんど自動で飛んでくれるみたいだけど、MT車乗りとしては、まずは手動操縦で飛ばせるようになりたいかな。



posted by ソウヘイ at 21:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: