2019年04月13日

映画鑑賞 名探偵コナン紺青の拳

恒例のコナンくん映画(23作目)。公開初日のレイトショーで大きいスクリーン(386席)が90%ほど埋まっていた。

怪盗キッド回は2006年2010年2015年以来かな。キッドと京極くんの見せ場がメインで,推理やコナンくん自身のアクションは控えめだった。

今回も眠りの小五郎は活躍せず。最近はテレビ版でも昼間から呑んだくれている単なるダメおやじ的な描かれ方なので少し可哀想に感じてしまう。

園子ちゃんが海外で危険な目に遭ったり,ましてや怪我までした場合,いくら京極くんが付いていると言ったって,鈴木財閥が放っておくはずはないんじゃないの...という違和感はあった。

興行的な配慮で安室さんは出してくるんじゃない?と,かんなさんは予想なさっていたけれど,ハズれたみたい。まあキッドみたいな飛び道具キャラと公安やFIBは相性が悪いか。その代わり来年は赤井さんの声で予告があったので,またガンダム回になる可能性高し。




参考:劇場版名探偵コナン公式サイト
posted by ソウヘイ at 22:49| Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: